小規模マンションオーナーの日記


7月 07, 2020

賃貸住宅での感染症対策 共有部分で多くの危険が


厚生労働省がダウンロードを呼び掛けているアプリ、接触確認アプリですが、さきほどダウンロードしました。

ダウンロードしようと思ったのは、鉄道系人気ユーチューバーのダウンロードの呼び掛けで、それならばアプリをスマホに入れてみようかと思いました。

アイフォーンの場合はAppStoreの検索で、厚労省などと入力して検索すると、すぐにダウンロードするアプリがヒットし、入手できます。

しかも入手後の設定もとても簡単です。

数分もあれば、すぐに活用できます。

 

今は自粛緩和ムードで、コロナへの警戒が緩みがちですが、しかし感染が再び感染拡大の可能性がありますので、コロナ感染拡大防止のために、できることは行っていきたいものです。

ところでコロナ流行で、感染症がいかに厄介なものかを体験しましたが、これを機に感染症がどのような仕方で拡大していくのか、その経路となる事柄についても、コロナによって学習しました。

経路となるものは

・飛沫感染(人が密集する場所をさけたり、マスク着用で抑えることができる)

・モノ感染

が主なものです。

このうち私の小規模マンションにおいて関係するのは、モノ感染です。

実のところアパートやマンションといった集合住宅にはモノ感染となるものがたくさんあります。

例えばエレベーターがあるならば、エレベーターのボタン、エントランスフロアがオートロックならば、テンキーなどは不特定多数の人によって接触されています。

さらにはエントランスフロアのドアノブなども住人だけでなく、訪問者や宅配業者なども、接触しています。

このてんで厚生労働省のウエブサイトには

接触感染(*)を予防するためには、手がよく触れ るところ、たとえば、ドアノブ、スイッチ、手すり、エレベーターのボタン、テーブルやカウンター、共用で使うもの(トングやメニュー等)などについて、消毒用アルコールや界面活性剤を含む住居用洗剤等で定期的な清拭をすることが有効です

集客施設を運営する方へ(飲食店、小売店など)

引用:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou.html#Q2-1(アクセス日2020/6/22)

と書かれています。

このようにドアノブ、スイッチ、手すり、エレベーターのボタンなどが接触感染の経路となりうることについて指摘されています。

そしてそのような箇所については消毒用アルコールや界面活性剤を含む住居用洗剤等で定期的な清拭をすることが有効とされています。

ここで界面活性剤を含む住居用洗剤等とありますが、この面でも厚生労働省のウエブサイトでは有効な製品名が公表されています。

 

いずれにしてもドアノブ、スイッチ、手すり、エレベーターのボタンはアパートやマンションの共有部分に多々ありますが、もし可能であれば周期的に消毒作業をしていくことができると思います。

私も1日に1度は上記のような箇所をアルコール消毒をするようにしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA