小規模マンションオーナーの日記


9月 22, 2020

セキスイハイムの賃貸住宅とは シャーメゾンとは異なる


賃貸住宅会社でセキスイハイムという会社があります。

セキスイという言葉が使われているので、積水ハウスのことだと勘違いされやすいようです。

しかし実際には積水ハウスとは別会社です。

もちろんもともとは積水化学工業から独立したのが積水ハウス、積水化学工業の子会社がセキスイハイムということで、全く無関係の別会社というわけではないようです。

ところで賃貸住宅となると積水ハウスのシャーメゾンなどの人気というか注目が強すぎてセキスイハイムとなるとあまり目立たない住宅メーカーというイメージがあります。

シェアにおいても賃貸住宅二位の積水ハウスに対してセキスイハイムはかなり下位になります。(一位は大東建託)

そのようなセキスイハイムですが、賃貸住宅もちらほらと見かけることができます。(セキスイハイムの賃貸住宅はハイムメゾンといわれています)

それではセキスイハイムの賃貸住宅にはどのような特長があるのでしょうか。

まずメリットですが一般的にはセキスイハイムの賃貸住宅の家賃はシャーメゾンなどと比較して

リーズナブルな家賃

だと言われています。

しかも礼金や更新料も高くはないようです。

ですからお財布には優しい賃貸住宅といえるかもしれません。

さらにお部屋の設備面でも生活していくううえでは十分なものが設置されているようです。

しかし全体的には積水ハウスや大和ハウス工業の賃貸住宅よりもシンプルといった感じかもしれません。

アパート画像

閑静な住宅街にある賃貸アパート。

一方で遮音性となると、やはりシャーメゾンなどよりは劣るのではないかと言われています。

しかしそれでもあまりにも音がうるさいというほどでもないようですので、音に神経質でないならばあまり問題にはならないかもしれません。

それにしても物件数が積水ハウスのシャーメゾンと比較して、少ないので実際に住んでみてネット上でコメントするという方もあまりおられないかもしれず、ややつかみどころがないといった感もあります。

 

ところで物件オーナーとしてセキスイハイムを建てるとなると光熱費の削減には効果のある住宅であっても建設費は安くないという評判です。

このてんでは積水ハウスと同じなのかもしれません。

しかし賃貸住宅オーナーがあまりセキスイハイムを選んで賃貸住宅経営をすることがないということは、この面ではあまりメリットのあるメーカーではないのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA