小規模マンションオーナーの日記


8月 05, 2021

賃貸住宅で住みたい街ランキングの上位は都心エリアが占める


一般的な住みたい街ランキングでは、近畿圏では西宮市の夙川や西宮北口駅エリア、芦屋エリアなどが、いつも上位にランクインしています。

しかしこの場合は、賃貸住宅だけでなく分譲マンションや戸建て住宅に住むことも含まれます。

賃貸マンション画像

ところで住友不動産の「ライフルホームズ」は、「2021年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング」を公開しましたが、このランキングの特色は賃貸住宅限定のものという特色があります。

どちらかといえば分譲マンションに強みのある住友不動産が、賃貸住宅限定の住みたい街ランキングを行っていることに、多少は違和感はあるものの、しかしきちんとした調査が行われているようです。

そしてその結果ですが、近畿圏においては

 

1位:三ノ宮(兵庫県神戸市)

2位:新大阪(大阪府大阪市)

3位:武庫之荘(兵庫県尼崎市)

でした。

 

やはり一般的な住みたい街ランキングとは多少結果が異なるようです。

 

このうち1位の三ノ宮と2位の新大阪ですが、なんといっても交通の利便性が良いエリアです。

三ノ宮の近くにある新神戸駅と新大阪駅は、いずれも新幹線がすべて停車する駅です。

 

単身赴任者などが、週末に家に帰ったりするのには、とても利便性が良いことでしょう。

さらに新大阪駅は在来線のほとんどの特急が停車するだけでなく、関西の最大の主要ターミナル、JR大阪駅が隣にあり、とにかく便利なところです。

 

一方で三ノ宮ですが、JR三ノ宮駅は特急はほとんどが停車しますし、阪急神戸三宮駅、阪神三宮駅、神戸市営地下鉄、ポートライナーなどがあり、交通の便は抜群に良い場所です。

しかも阪急や大丸百貨店、三宮センター街など、ショッピングをするうえでも、とても魅力なエリアです。

さらに三ノ宮は、すぐ近くに六甲山地があるためか、都心にしては空気がきれいで、海も近くにあるために、気温も極端に暑くも寒くもならないエリアです。

さらに水道の水が夏でも冷たい?

また近くに明石海峡があり、そこで取れた魚を使っているためか、神戸のお寿司はおいしいです。

 

ところで3位の武庫之荘ですが、昔からファミリー層に人気のあるエリアです。

というのも駅前には魅力的な店舗が多くあるものの、パチンコ店などの街の品性を損なうような店舗がないエリアなのです。

なのでファミリー層に安心感をもたらし人気があるのかもしれません。

 

ところで今回の調査で、賃貸住宅限定の調査でも、交通の利便性やショッピングの利便性が重要視されていることがわかりました。

またファミリー層の場合は、環境も影響してくる場合があります。

 

賃貸住宅経営に関心があるならば、上記のてんを念頭においておくのは良いことでしょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA