小規模マンションオーナーの日記


11月 21, 2018

入居したばかりの入居者が数か月後に退居申出😞

Pocket

花画像

入居後1年以内に退居してしまう入居者もいる。

入居者募集を行って、入居者が決まり入居者が決まると、一括借り上げで賃貸住宅経営を行っていても、嬉しいものです。

そして新しい入居者が、入居した物件を気に入ってくださって、長期間入居してくださることを願ってしまうものです。

ところで今朝、大東オーナーのマイページを見ていると、退居の申出があったことを知りました。

しっかりと確認してみると、この入居者ですが、先月に入居したばかりの方です。

もう退居するのと驚きました!!

それにしてもこれまでの経験からして、この物件でこんなにも早く退居するのは初めての経験です。

それにしても一体何があったのか?

なぜこんなにも早く退居するのかと考えてしまいます。

ところで入居後1年以内に退居されることは、時々生じているようです。

例えば急に転勤になったなどの、外的な環境の変化のためにやむを得ず退居になるというケースです。

この場合はいた仕方ないとあきらめもつくものですが。

しかし入居してみたものの、どうしても物件を気に入ることができずに退居となると、残念な事柄です。

例えば上の階が夜遅くまで、うるさくて眠れなかったとか、隣の部屋の住人がどうも気持ちが悪いといった理由です。

マンション画像

大東建託設計施工管理のマンション。

ところで今回の退居ケースですが理由は大東建託パートナーズの担当者に聞いてみないとわかりません。

ただ入居の時から、いつもとは違うものを感じてはいました。

というのも入居申込があってから、数日後に入居されたのです。

こんなにも申込後から早く入居されたケースは、これまではありませんでした。

しかも引越し会社による荷物の運び込みというのも目撃することはありませんでした。

ということは、当初から何らかの事情で数か月のみの入居の予定だったということだったのでしょうか?

事実はわかりませんが、そのようにも推測できます。

しかしいずれにしても再び、入居者募集が始まります。

大東建託としては、入居時の仲介手数料と、数カ月分の管理手数料が収入となったのかもしれませんが、あまり良い顧客ではなかったのかもしれません?

今後は年末へと向かっていきますが、この11月や12月の時期もあまり入居者が決まらない時期です。

期待できるのは来年の1月~4月の間でしょうか。

一括借り上げとはいえ空室が増えることはオーナーとしては悩ましいことです。

スポンサーリンク


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA