小規模マンションオーナーの日記


6月 05, 2016

アパートローン事業者にとって怖い金利上昇 いつか起こる?

Pocket

積水マンション画像

マンションオーナーにとって金利上昇は望むところではない。

アパートマンション事業者の多くがアパートローンを借りています。

そして私のように変動金利でアパートローンを借りている方も少なくないようです。

そして変動金利のいいところは、とにかく現時点でのローン金利が低いことです。

しかし将来の金利上昇局面の時に変動金利のままでは大変なことになります。

例えばもし金利が4%上昇すればどうなるでしょうか。

例えば概算ですが1億円30年返済 金利1%前半変動金利とすると毎月の元利含めた返済が、おおよそ35万円になります。

それがもし金利が5%前半と4%上がるとどうなるか。

元利含めた返済がおおよそ55万円に跳ね上がるのです。

考えただけでも怖ろしいシュミレーションですが変動金利でアパートローンを借りているならば、いつでも固定金利型のローンに借り換えができるようにしておく必要があるといえるでしょう。

あるいは金利上昇時前に繰り上げ返済をすることによって金利負担を軽減させることもできます。

ところでバブルが弾けて長いデフレ時代が続いてきました。

アベノミクスによって多少、デフレからの脱却が成功したようにも思われますが、将来インフレ時代が本当に訪れるのでしょうか。

専門家の意見では起こり得るとのことです。

もちろん経済は生き物で専門家の予測が外れることはしばしばあります。

しかしインフレの予兆を示す経済指標に注意を向けるならば迅速にインフレ、そして金利上昇に対応できます。

花画像

金利動向を予測するためには消費者物価指数と地価に注意する。

その指標の1つが消費者物価指数です。

この指標は簡単にいえば今が物価高かそうでないかをダイレクトに示す指標です。

最近も一時期は2%近くまで上がった時もありましたが株価の下落とともに直近はやや低迷しているように思われます。

このことは、今すぐにインフレが生じることはないことを示しているように思われます。

さらにもう1つの重要指標がありますがそれが地価です。

けっこうこの指標は重要です。

地価が上がれば担保価値も上がり借入が促進され物価が上昇するというシナリオです。

実のところバブルのころから地価も半値以下に下がり、それが慢性的なデフレを招いているともいわれています。

そして地価については安倍政権になり、じわりと上昇しはじめており2014年から2015年にかけても3%近く上昇しています。

地価がこのままの勢いで上がり続けるならばいずれインフレが生じ、金利が上昇する可能性があります。

地価の動きは今後、注意が必要です。

以上、ローン金利がどうなるかを予測する一助となる指標について書きましたが、経済は生き物、将来どうなるかは正確にはわかりません。

アパート事業を行っている間は、経済の動きを注視し、迅速に変化に対応していきたいものです。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA