そもそも建て替えが必要ないところにも営業しています。建て替えは、30年前くらいに契約したオーナーたちの物件が多いので一定のニーズがあるのは確かですが、中には無理やりお願いしているケースも見受けられます。建て替えが一巡したら、規模を縮小して管理会社として残っていくような形になるのではないでしょうか 

 

引用:大東建託現役社員が「経営陣の総入れ替えを」と悲痛な叫び

と語っておられます。

つまりは、現在は建て替えの提案に力を入れて、受注を得ようとしているが、建て替え需要にも限界があるというのです。

そうなると会社そのものの規模を縮小して管理会社のへと特化するのでは、ということなのですが、そうなるのでしょうか。

もちろん最近は大東建託も賃貸住宅分野だけでなく、少額保険業務、家賃保証、介護、保育といった分野にも力を入れています。

賃貸住宅の新規受注は縮小しても、他分野の業績によって補われるかもしれません。

いずれにしても、時が経てば明らかになるでしょう。

スポンサーリンク