小規模マンションオーナーの日記


7月 19, 2018

不動産投資を拡大させるメリットとは?

Pocket

花画像

不動産投資規模を拡大させるオーナーさんも少なくない。

アパートマンションオーナーさんになった、きっかけは様々だと思いますが、最も多いケースの1つは相続税対策などで、地主さんが賃貸住宅経営を始めるというものです。

この場合、土地などの不動産を所有している方が、銀行から融資を受けて始めるわけですから、銀行も、すんなりと融資をしてくれることも少なくありません。

そしてその物件を相続した若い世代のオーナーさんも少ないないことでしょう。

私もマンションオーナーでいるのは、上記のような形でなっています。

こうしたオーナーさんの場合は、自分の土地のなかではアパートやマンションの棟数を増やすことがあっても、わざわざ他人の土地を買ってまでも不動産投資をするということはないかもしれません。

一方で、もともと資産があまりなくても、苦労して資金調達し、小さなアパートの購入から始めて、コツコツと不動産投資の規模を拡大させていかれる方もおられます。

そのような小さな始まりから、数億ないしは十数億円規模に資産を拡大させたオーナーさんもおられることでしょう。

それでは後者のように不動産投資規模を拡大させることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

昔からスケールメリットという言葉がありますが、規模を大きくすることには何らかのメリットがあるはずです。

積水マンション画像

積水ハウス設計施工の賃貸マンション。

もちろん規模を大きくすれば必ずしも大丈夫だというわけではありません。

企業においても、規模の大きな大企業でも倒産したり、経営が悪化することがあります。

また不動産投資規模を拡大させても、多くの場合、それに伴って、銀行からの借入金額も拡大し、毎月の返済額も大きくなります。

では規模を大きくするメリットとは?

それはおそらく経営していくうえでの

選択肢が多くなる

ということではないかと思います。

数多くの物件を所有すると、経営判断を下す機会も多くなりますが、1つ1つにおいてベストな判断を下すことができるなら、より良いオーナー業を行っていくことができます。

例えば経費計上においても、全体の不動産所得が大きくなりそうな年があれば、この機にいずれ行うことになる修繕等を前倒しで行って、不動産所得を抑えて、節税対策を行うことができますし、一部物件を売却して、そのお金で収益物件を購入することもできます。

もちろんオーナーは経営者として、1つ1つの物件の状況を注視し続けなければなりませんが、ベストな判断を下し続けることにより、いわゆるスケールメリットを享受することができるのです。

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA