小規模マンションオーナーの日記


6月 27, 2017

保険の更新が見送られることがある😿


花画像

保険会社が保険契約の更新を見送ることがある。

6月になり、家計をいろいろと確認してみると、ある保険の保険料が4月分からクレジットカードで支払われていないことが気になりました。

おそらく保険会社の手続きミスなんだろうと思っていましたが、しかし4月分そして5月分も未払い状態なので、保険会社に問い合わせてみることにいたしました。

この保険、傷害保険にあたるものなんですが歯の治療費も補償するというものです。

4,5年前に加入したのですが、歯医者には、しっかりと通院していましたので、治療費として支払った分を保険金として受け取っていました。

おそらく保険料を保険会社に支払った金額よりも、保険金として受け取った金額のほうが毎年、多かったのではないかと思います。

ですから気に入っていた保険なのですが、支払いの件について問い合わせてみると、保険会社の担当者は、「2月ごろに手紙でお知らせしたと思うんですが、事情により4月以降の保険の更新を見送らせていただきました。」

との回答。

えーと思い、そんな手紙を見た覚えはなかったのですが、とにかく驚いたのは、保険会社のほうから更新を見送ることがあるという事実に幾らかショックを感じました。

たしかに保険会社にしてみれば、私のような契約者は事業収支にとってはよくない契約者にはちがいないのでしょうが。

積水ハウス画像

積水ハウス設計施工のシャーメゾン。

この出来事から学んだ事柄は、保険に加入することは良いことですが、保険会社も事業として行っているので、時には保険会社の都合で、契約者の意図しない事が行われることがあるというてんです。

私も大家として

・火災保険 地震保険

・大東ワランティサービス

に加入していますが、これらのサービスも保険会社の都合で意図しない変更などが生じるのかもしれません。

例えば大東ワランティサービスも、あまりにも使い過ぎると解約になってしまわないだろうか・・と考えてしまいますが、しかし大東ワランティのパンフレットには「回数は何度でも保証する」とも書かれていたので、そのてんは大丈夫なのかもしれません。

それにしても保険の更新は保険料の調整が行われるぐらいと思い込んでいましたが、保険会社のほうから事情で更新を見送られることがあるとは、思わぬトラブルのようなものでした。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA