小規模マンションオーナーの日記


5月 17, 2016

テナントの募集家賃と相場


マンション画像

マンション1階に設置されているテナント。

家賃 アパートマンションオーナーであるならば誰しもが関心を持つ事柄です。

私の物件も一括借上げ契約物件ですが、募集家賃には鋭い関心を寄せています。

なぜならば、一括借上げでも募集そして入居家賃がやがては、オーナーに支払われる借上げ賃料に反映されるようになるからです。

家賃が下がれば借上げ賃料も下がり、不動産賃貸の利回りが低下します。

ところで私の物件のテナントが退去になったので、募集が開始されました。

募集価格は一括借上げの場合、オーナーではなくハウスメーカー側が設定します。

そして募集価格が前回より上がることを少し期待をしていましたが、残念ながら前回と同じ価格でした。

私の物件の管理は大東建物管理が行っていますが、テナント家賃の設定方法で重要視しているのは、近隣のほぼ同じようなテナント物件の相場をかなり参考にして決めているようです。

築年数や、設備も幾らか考慮されているようですが、重要視しているのは近隣相場です。

入居物件の場合は、築年数や設備がかなり家賃に反映される場合もありますが、テナント物件の場合は、築年数が古くても近隣相場が高ければ、同じように高い賃料で募集している場合も少なくありません。

そしてテナント物件の場合は、変動幅が大きいようにも思います。その時の景気状況に左右されやすいのでしょうか。

花画像

家賃相場も株価も景気に左右される。

ところで不動産と株はよく比較されます。

どちらが良いかついては断言できませが、どちらの場合も参加者が増えているようです。

それでは増えている場合はどちらが、有利になるか。

それは言うまでもなく株のほうが有利です。

なぜならば株取引参加者が多くなればなるほど、株式への投資額が増え株価が上昇していくからです。

上場企業側も自社株投資促進のために配当を上げたり、優待特典を充実させたりすることでしょう。

不動産については参加者が増えると、それだけ物件数も増加し供給が需要を上回るようになり、結果として家賃の下落、物件利回りの低下をもたらします。

つまり将来的には不動産よりも株のほうが有利というのが当面の予測です。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA