小規模マンションオーナーの日記


8月 29, 2019

どうしても気になる積水ハウス デメリットも・・

Pocket

積水ハウスといえば、建設業界ではブランド力では、トップクラスの建設会社です。

さらに建設業界では、売上高は大和ハウス工業に次いで2位にランクされています。

巨大なゼネコンの大林組や竹中工務店よりも上位にランクされています。

この積水ハウス、戸建て住宅ではシャーウッド、賃貸住宅ではシャーメゾンで知られています。

アパート画像

積水ハウス設計施工管理のシャーメゾン。

やはり良い面もあれば、悪い面もあります。

では具体的に良い面にはどのような事柄があるのでしょうか。

その1つに

メンテナンスフリーのダインコンクリートがあります。

これは外壁に設置されているものですが、メンテナスフリー、つまりは塗り替えが不用、メンテナス不用の外壁なのです。

だいたい10年から15年に1度は外壁のメンテナンス工事を通常ならば、行うものですが、足場をかけて行うこの工事、けっこうな費用がかかり、物件のオーナーにしてみれば、頭の痛いところです。

しかしダインコンクリートとなるとメンテナンスフリーなので、そのような工事を行う必要がありません。

だいたい、このダインコンクリート30年は持ちこたえる設計になっているようです。

 

さらに積水ハウスの物件の場合は、周期的に建物の点検が行われ、必要であれは修繕工事が行われます。

もちろんこの修繕工事、無償のものもあれば有償のものもあり、有償の場合は多少の出費は覚悟していたほうが良いかもしれませが。

ところで積水ハウスならではのデメリットもあります。

それは一般的に言われていることですが、

かかる費用が高い

というてんです。

裏を返せば、それだけ高品質な材料で建築工事を行っているということなのかもしれませが。

 

さらに

トラブルが少なくない

というてんも指摘されています。

もちろんトラブルが生じているのは、ごく一部なのかもしれませが、私の知り合いも家のリフォームをする時に、「積水ハウスはやめといたほうがいい」と強く言われたとか・・。

賃貸住宅のシャーメゾンなどでは、退去のさいの原状回復費用で管理会社とトラブルになるケースもあるようです。

 

さらに積水ハウスの住宅は寒いという意見もあります。

建物の構造上そうなるのかもしれませんが、この場合は対処策もあるようです。

いずれにしても宣伝力やブランド力では他社よりも優勢な積水ハウス、もし選ぶならばデメリットについても知っておくのはよいことでしょう。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA