小規模マンションオーナーの日記


11月 05, 2018

厚遇されている不動産業界の給与☻


花画像

全体的に不動産業界の平均給与は高いと言われている。

日本の平均年収は、400万円程度と言われています。

このようなさなか不動産業界の平均年収は、日本の平均年収よりも高いと言われています。

このなかでも最も好待遇なのは建設業界売上トップ企業の大和ハウス工業だったようです。

このてんでITmedia ビジネスオンラインの2018年10月5日の「不動産業界の平均年収、2位は住友林業 1位は20代で年収1000万円が狙える……」という記事には

不動産業界で平均年収の高い企業は? 口コミサイト「キャリコネ」を運営する人材会社グローバルウェイの調査によると、1位は大和ハウス工業の611万円だった。好業績の場合は給与に反映する風土があり、2018年は4130円のベースアップを実施。住宅手当、家賃補助、持家割引制度などの福利厚生も充実している。社員からは「20代で1000万円も可能。福利厚生、給料はかなり恵まれている」「ボーナス水準は高く、営業職は成果次第で販売促進手当が入る」などの声が出た。

引用:不動産業界の平均年収、2位は住友林業 1位は20代で年収1000万円が狙える……

と書かれていました。

この記事によると、大和ハウス工業の社員はいいことづくしのような感がありますが、さすが売上高トップ企業といったところでしょうか。

賃貸マンション画像

大和ハウス工業系列管理会社の賃貸マンション。

ところで上記の記事によると他の不動産会社の年収については

2位は住友林業(545万円)。18年4月現在で国土の800分の1に相当する社有林を持ち、木造住宅事業などを展開する同社は、社員から「努力をしっかりと評価する給与システムで、評価制度が公正」「給与は業界水準以上で、査定による格差も小さい。同業者よりも恵まれているだろう」などの意見が出た。3位は住友不動産(514万円)。新築分譲マンションの供給戸数で4年連続1位の同社は、社員から「年俸制、売った戸数に応じて年に2回の報奨金が出る」「やればやっただけ評価も報酬も上がる。若手でも高年収になるケースもある」などの声があった。4位は大東建託(503万円)、5位は積水ハウス(488万円)。前者はインセンティブの高さ、後者は賞与を年に3回支給する制度や歩合制での給与体系が評価されていた。

と書かれています。

2位の住友林業は木造戸建て住宅などで人気の企業、3位の住友不動産はマンション販売に強みがあるといったところでしょう 😛 。

ところで4位の大東建託についてはインセンティブの高さとありますが、このインセンティブとは「社員を励ます」ために企業側が用意するもので、おもに、企業が定めた目標を社員が達成した場合に支給する奨励金のことを指しているようです。

どういったインセンティブが大東建託にあるのか知りたいところですが。

いずれにしても不動産業界の平均年収ベスト5を取り上げましたが、やはり他業界よりも厚遇されているように感じます。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA