小規模マンションオーナーの日記


2月 07, 2017

苦戦のザ・パークハウスが完売!!


バラ画像

分譲マンションの販売目標は竣工までに完売することと言われている。

以前のブログで阪神地区の塚口のザ・パークハウスで2016年12月現在で52戸中、6戸が売れ残っていることについて書きました。

2016年の春に入居が開始され、いまだに6戸が売れ残っているのは、ザ・パークハウスにしては苦戦です。

様々な要因があると思いますが、以前のように財閥系不動産会社販売だから欠陥はありえないという常識のようなものが崩れ去り、購入者もブランドだけで買わなくなってきているのかもしれません。

さらには2016年から顕著になってきたマンション販売不振の影響が多少あったものと思われます。

2017年は売れ残りマンションが積みあがってきているので、価格の値引きのチャンスともいわれています。

ところで2017年1月中旬、そのザ・パークハウスを訪れてみると、驚くべきことが生じていました。

1カ月ほど前には6戸の売れ残りがあったのに、あれから1カ月後には完売御礼になっているのです。

この1カ月の間に一体、どのようにして売り切ることができたのでしょうか。

しかも年末年始の期間がありますので、1カ月といっても、実質はもっと短い期間です。

この期間中に6戸すべてを売り切った三菱地所レジデンスの販売力には恐れ入ります。

分譲マンション画像

尼崎市内で竣工された駅前分譲マンション。

ではどのようにして売り切ることができたのでしょうか。

詳細については知りませんので、あくまでも推測ですが、考えられる事柄の1つはマンション価格を思い切って値下げしたというてんです。

マンションを売り切るために、しばしば行われる常套手段ともいえる方法です。

さらに考えられるてんとして、三菱グループの社員に優待価格で提供したことも考えられます。

実際このマンションの近隣には三菱電機の大きな工場がありますし、歩いて数分の阪急塚口駅からは三菱系企業の多い、大阪へと30分以内で通うこともできます。

しかしどのような手を使って売り切ったかはともかく大手の販売力はやはり強力です。

やはり入居斡旋力については、分譲マンションにしても賃貸住宅にしても会社によって差があるというのは事実のようです。

やはり賃貸住宅においても空室リスクを最小限にしたいならば、入居斡旋力のある大手の大東建託や積水ハウスに管理を任せるのも1つの方法かもしれません。 スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA