小規模マンションオーナーの日記


6月 04, 2019

大東建託の他社物件を対象にしたリフォーム事業 他社にとって脅威!!

Pocket

 

花画像

賃貸住宅も大手によるシェア拡大が始まる?

日本が高度成長期からバブルの時代を迎えようとしていたころ、

日本の大手銀行も顧客獲得に懸命に動いていた時代があります。

当時、大阪に本店を置く住友銀行は、猛烈な東京侵攻を行い、富士銀行の顧客を随分と奪ったという話があります。

一方それに対して富士銀行も大阪侵攻をかけたものの、バブルが弾けた結果、富士銀行は無理な大阪侵攻のためか、巨額の不良債権をかかえてしまうことになります。

業界ではSF戦争ともいわれていたそうですが、顧客のパイの限界が見えてくると、どうしてもパイの奪い合いのような事が生じてくるようです。

ところでこのような事柄が賃貸住宅でも行われようとしています。

賃貸住宅最大手の大東建託が、他社管理物件のリフォーム事業に乗り出すようなのです。

2019/5/30の大東建託のニュースリリース「賃貸建物に特化したリフォームサービス「DK SELECT Reform」試行開始 これまで培った賃貸事業ノウハウを活かし2020年度リフォーム事業本格展開へ」によると

近年、少子高齢化が進行し、住宅ストック数が世帯数を上回り空き家問題も叫ばれる中、「いいものを作って、きち んと手入れして、長く使う社会」に移行することが重要であるとして、政府は、既存住宅流通・リフォーム市場の環 境整備を進めています。 住生活をめぐる環境が大きく変わりつつある今、当社もより長期にわたり、オーナー様の安心・安全・安定した賃貸 事業をサポートするため、これまで培った賃貸事業ノウハウを活かしたリフォーム事業への参入を決定しました。 また、リフォーム建物がいずれ建て替え時期を迎えた際は、より最適な建て替えのご提案が可能となります。

引用:https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2019/aqehc4000000blbr-att/dkselectreform_0530.pdf(アクセス日2019/6/2)

と報じました。

 

アパート画像

大東建託設計施工管理の木造アパート。

リフォーム事業といえば、積水ハウスや大和ハウス工業が先行していますが、しかし大東建託も本腰を入れてその事業に参入するとなると、リフォーム事業の業界地図にも変化が生じてくるものと思われます。

しかもこの試行サービスは他社管理物件を対象としており、これはおそらくは、他社管理物件を大東建託グループの管理物件へと管理替えさせて、将来の建物の建て替えのさいには、大東建託で行っていくための狙いがあるように思われます。

この場合、ターゲットになるのはレオパレス21の物件や大和ハウス工業に不信感を持つオーナーさんのd-room。

積水ハウスのシャーメゾンはかなり難しいかもしれませんが、コスト面で不満を持つオーナーさんの物件なども可能性があるかもしれません。

もちろん大東建託グループの管理物件が他社へと持っていかれることもあるかもしれません。

今後は賃貸住宅もパイの奪い合いが激しくなっていくのかもしれません。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA