小規模マンションオーナーの日記


2月 20, 2017

大規模修繕工事費用 経費か資本支出になるか?

Pocket

花画像

賃貸住宅は周期的に大規模な修繕工事を行う。

賃貸アパート、マンションは周期的に修繕を行う必要が生じてきます。

経年劣化とともに、外壁塗装工事やRC造りの場合は屋上の防水工事を行う必要が生じてきます。

この場合、足場をかけて行いますが、大規模な修繕工事となります。

かかる費用も半端ではありません。

大東建物管理物件の場合も、10年か15年でこのような修繕工事を行います。

私の所有マンションも10年になりますが、今のところ大東建物管理から大規模修繕の話はありませんので、どうやら15年で行うことになりそうです。

ところでこの大規模修繕でかかる費用は修繕費用として不動産経費として計上することができます。

もちろんこの場合、修繕費として認められるか、資本支出となり減価償却費用の対象になるかは、様々な事情により判定が異なるので注意が必要です。

税理士さんとよく相談してみるのが良いことだと思います。

おおまかに修繕費とみなされる条件をあげてみますと

1回の支出が20万円以下の場合なら、全額を修繕費とする。

ですから20万円以下であれば問題なく修繕費とみなされます。

アパート画像

賃貸最大手の大東建託設計施工管理のアパート。

区分が不明な場合は、60万円未満の場合は全額を修繕費とする

という条件もあります。

そして区分が不明な場合で60万円を超える場合は、取得価格の10%以下の場合に修繕費とする。

後の2つは少しややこしい条件ですが、元に戻す工事(修繕費)か、機能が当初よりよくなる工事(資本支出)なのかの区分がわかりにくい場合にあてはまる条件のようです。

間違いなく元に戻すだけの工事であるならば修繕費になるようです。(もちろん税理士さんと相談して申告するのが無難です)

もしも修繕費として認められなくても減価償却費用として、かけた費用を毎年少しずつ経費として計上していくこともできます。

じゃあどちらが得かといえば、多くの場合は修繕費として計上するほうが好まれるようです。

というのもすぐに節税効果を実感できますし、使い切ることができるからです。

例えば年額1000万円の家賃収入があり経費が毎年500万円とすると、不動産所得は500万円になります。

しかし防水や外壁塗装工事を行い500万円かかったとして、その500万円を修繕費として計上できるならば、不動産所得は0円になり、税金はかかりません。

減価償却費用にするならば、そのようにはいかないでしょう。

いずれにしても修繕費を節税のために効果的に活用いたしましょう。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA