小規模マンションオーナーの日記


4月 04, 2017

礼金がもらえないサブリース😿

Pocket

バラ画像

礼金もオーナーにとって収益源の1つとなるのだが・・。

私の所有マンションの向かいに大きな賃貸マンションがありますが、入居者募集の要項を見てみますと、礼金11万円となっていました。

礼金といえば通常はそのまま大家のものになるもので、羨ましいかぎりですが、実のところ私自身は大家になって礼金というものを1度も受け取ったことはありません。

というのも一括借り上げで、アパート経営をしている場合は、礼金は大家でなくサブリース会社のものになるからです。

これは礼金だけでなく敷金も同じことです。

礼金、敷金ともに一括借り上げの場合は大家のものではなく、サブリース会社のもとに行きます。

このてんは一括借り上げのデメリットといえるかもしれません。

敷金については、いずれは返却されるものとしても礼金という形の収益はないのです。

ところで私の物件の場合は大東建託グループ物件ですが、最近は入居者募集にさいしては、たいがい礼金は0円です。

大家の私には0円だろうが11万円だろうが、礼金が入ってくることはないので0円でもかまわないのですが、とにかく礼金0円となっています。

そして礼金が高いとやはり入居募集をしても、最近はなかなか入居希望者が見つからないので礼金を安くてして入居の敷居を低くする傾向があるようです。

アパート画像

大東建託パートナーズ管理の物件。

そしてこの方法、つまり空室を早く埋めるために行う、最初の常套手段が、入居のさいの敷居を低くするために、礼金そして敷金を低くするという方法です。

しかしこの方法が功を奏さず、それでも空室は埋まらない場合は、次にどのような手段をとることができるのでしょうか。

次に行える手段は家賃を下げることです。

この方法は大家はなかなか行いたくない事柄ですが、やむえない事柄でしょう。

しかし家賃を下げるとなると他の部屋との家賃に差が生じることになり、不公平感が生じることになるかもしれません。

残念ながら私の所有物件でも数千円程度の家賃の差があることは事実で、築年数とともに、このような事態は生じえるものです。

同じ部屋でも安く入居できればラッキーといったものなのかもしれませんが、家賃を下げないならば部屋をリフォームして部屋の魅力アップを行うなどするしかないのかもしれません。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA