小規模マンションオーナーの日記


7月 29, 2017

分譲マンションでも民泊活用ができるケースがある!!

Pocket

積水マンション画像

投資先のマンションの民泊活用の機会がある。

多くはありませんが、最近は分譲マンションを買って、自分が住むのではなく賃貸として運用する方がいらっしゃいます。

私の知人も、住んでいたマンションを売却し、今度は賃貸暮らしをしたいということで、住居を探しておられましたが、住むマンションが決まったとのこと。

場所を確認すると、確かあのマンションは分譲マンションで賃貸ではなかったのではと思いましたが、よくよく聞いてみますと、分譲マンションにちがいがないのですが、区分所有者つまりオーナーが賃貸運用をしていて定期借家契約で入居することになったというのです。

このように分譲マンションの区分所有者が自分や家族が住むのではなく

買ったマンションを賃貸運用する

こともしばしばあるようです。

この場合は、おそらく修繕積立金や設備の修繕費用等は区分所有者が負担することが多いのではないかと思いますが、空室になることなく絶えず入居者がおられるならば、幾らかの収益を得ることができるのではないかと思われます。

ところでもし、賃貸運用していても空室が続くとするならば、区分所有者は維持管理の費用は支払いつつも、家賃収入は入らないために、厳しい状況に置かれます。

なんとか誰かに入居してもらうために思い切って家賃を下げることもあるかもしれません。

花画像

民泊活用によって空室リスクを軽減することができる。

ところで2018年1月より民泊の新法が施行されます。

多少、民泊として活用することの基準が緩和されたようです。

そこで考えることができるのは、空室を民泊として活用できないかというてんです。

このてんで新築のマンションは多くの場合は不可です。

というのは当初の管理規約で民泊を禁じているからです。

では中古マンションの場合はどうなのでしょうか。

その場合は管理規約改正が行われ民泊が禁止されるようになった場合は不可です。

ということは逆のケース、つまりは管理規約が改正されていない

マンションならば民泊は可能ということ

になるかもしれません。

実際のところ管理規約の改正には区分所有者の4分の3以上の賛成が必要です。

そこで中古マンションで、賃貸運用をしているオーナーが多いマンションとなると空室になるよりも民泊での活用に関心のある方も少なくないことでしょう。

となると4分の3以上の賛成が得られず、民泊での活用ができるかもしれません。

もちろん民泊活用ができるかといって必ずしも高収益を得ることができるというわけではありませんが、しかし活用のための選択肢が増えるということはオーナーにとって良いニュースだといえるでしょう。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA