小規模マンションオーナーの日記


9月 27, 2018

大東建託を辛辣に批評する本が出たようですがその内容は・・


花画像

大東建託を批評する情報が流れている。

2018年の夏ごろに「大東建託「アパート経営商法」の闇とは?」

とかいう本が出版されたようです。

著者はジャーナリストの三宅勝久さんということです。

ところで三宅勝久といえば、ネット上でも大東建託を辛辣に批評する記事を幾つも投稿している方で、私もネット上の記事は読ませていただきました。

読んだ感想はというと、主にノルマの厳しい営業のあり方への批評と、大東建託に騙されたと訴えている物件オーナーさんについての2つの事柄が書かれており、とりわけ衝撃的というよりは想定内の内容だったと思います。

どちらかといえば週間ダイヤモンドで連載された大東建託批評記事のほうがインパクトがあったのではないかとさえ思います。

おそらくは、この三宅勝久著の本も、ネット上で書かれていた内容に多少毛が生えたような内容ではないかと思われます。

ですからわざわざ本を買ってまで読むつもりはありません。

しかし幾らかの反響はあるようです。

そして最も大きな反響があるのは、ノルマ主義の営業のようです。

成果があがらなければ居場所がなくなっていくような体質ということですが、そのてんは多少なり真実のようです。

アパート画像

大東建託パートナーズ管理の木造アパート。

ただ私が思うには日本の場合は、仕事ができない社員であっても終身雇用が可能なシステムになっています。

このてんがアマゾンなどの外資とは多少異なるようで、大東建託の営業のあり方が日本的というより外資に近いのではないかと思います。

確かに労働者の人権という事柄も重要ですが、それが行き過ぎると会社そのものが弱ってしまいます。

例えば昔は金融業界でも、最強といわれた住友銀行や東京海上といった会社では、ノルマがあまりにも厳しくて支店長クラスでも自殺者がでるほどの会社だったようですが、今でも業界をけん引しています。

ですから労働者の人権とノルマの間のバランスを取るのが重要だと思うのですが、大東建託の場合はノルマのほうに重きが行き過ぎているのかもしれません。

また物件オーナーには儲からない仕組みになっているということですが、サブリースでない仕方とサブリースとどちらが最終的には収益を得ているかとなると、私の考えではほぼ同じではないかと思います。

ただ不動産投資をアクティブに行いたいならばサブリースでないほうが向いているのかもしれません。

そしてサブリースで儲からなかった損をしたと言っても、仮にサブリースでない方法で同じエリア、同じような物件で賃貸住宅経営をしても、同じように儲からなかったことでしょう。

また過去に儲からないとわかっていながら大東建託がアパート経営を勧めたという批評も書かれているようですが、今では大東建託では儲からないことがはっきりしているエリアでのアパート建設は断っているというのが定説になっています。

もちろん遠い昔にはそういうことがあったのかもしれませんが。

いずれにしても批評するのは自由ですが、その批評が一部のネガティブな真実のみをクローズアップするものであるのならば、読者は公正な判断が下せなくなるかもしれません。

スポンサーリンク

 


2 thoughts on “大東建託を辛辣に批評する本が出たようですがその内容は・・

  1. 山田 より:

    ご紹介された本は読んでませんが、タイトルで大体想像はつきます。また、直近で「大東建託の内幕」なる似たような本は、立ち読みでほぼ読みました(はっきり言って買う価値はありません)。大東建託でアパートを建てた人はみな騙されているのだから全員泣きをみているというのでしょうか。データが少し間違っていたらすみませんが、大東建託オーナーは現在全国で27,000人ほどいます。そして、その人たちの多くが、2棟3棟と場合によっては二桁の人もたくさんいらっしゃいます。リピートするオーナーは一般的に、1棟建て1年~3年くらい様子をみて、次に着手します。そして多くの場合、一回大東建託で建てると、もう自主管理型のアパートはバカらしくてやらないものです。その理由は言わずもがなというところです。類の本や雑誌で、現在の大東建託の受注が三分の二がリピートによるものでこれは大いに問題である云々とありました。営業成果の視点では、確かに新規とリピートの比率は大事で、営業努力も必要でしょう。実際、IRレポートでも新規とリピートは半々が望ましいとしています。しかしこれは、裏を返せばそれだけ既存のオーナーからの支持が厚いことを意味します。私自身、ここ10年の間に5棟ほど大東建託で建てましたが、後悔を感じたことはありません。知り合いのオーナーの中には、何かと不安だとか言う方もいらっしゃいますが、よく聞くと、あまり具体性がなく、不安の中身も漠然としています。体感でですが、オーナーの7割くらいは、その内容に満足しておられ、2割くらいは「可もなく不可もなく」と考え、1割くらいが何らかの不満を持っている、というところでしょうか。あくまで個人的な体感でですが。不満を持っている方もいらっしゃることでしょうが、では、その方が地場の工務店などで、アパートを建てて30年間順風満帆に経営していくノウハウがあるのでしょうか。現在のアパート経営は20年くらい前までのように、建てればとりあえずどうにかなるような時代ではありません。また、大東建託のオーナーは、投資家ではあっても、アパート経営は素人、というようなイメージがあるかも知れませんが、これも実際には違うケースが多いです。年配の方も沢山いらっしゃいますが、今まで何十年も自主管理型で経営されてきた、むしろその道のプロの方が多いです。今までいろんなパターンでアパート経営してきて、最後に大東建託を選んでいるケースが多いです。話がだいぶ迷走しましたが、冒頭のような本を出されるジャーナリストは、大東建託で建てて良かったと考えているオーナーにも取材すべきだと思います。

  2.  一会員として読ませて頂きましたが全く同感の思いです。「大東建託の内幕」は買って読みましたが内容はライターが既にネットで紹介したものをまとめたものでした。いくつかの事例集であり、それを以て大東建託の全てを語るものではありませんでした。6年前に1棟、2年前にもう1棟、そして今年もう1棟契約しました。戸数は極めて少ないものですが大東に対する信頼感は絶大です。土地を買ってでもと云う会員も少なくありません。総会や招待旅行もいつも楽しみにしています。これからもこの日記を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA