小規模マンションオーナーの日記


11月 12, 2016

大東オーナーのための年一度の全国支部報告会・懇親会


バラ画像

1年に1度、大東オーナーはホテルなどで行われる報告会や懇親会に出席できる。

この時期になると、大東建託物件オーナーには1通の手紙が届きます。

私のもとにも届きました。

その手紙とは大東オーナー会「全国支部報告会・懇親会」の案内です。

この集まりは、大東建託物件オーナーたちが集まり、1年間の大東建託の取り組み等の報告を聞いたり、オーナー同士の交流を深めることを目的としています。

担当の支店単位で全国で行われますが、私の担当支店は阪神間のあるホテルで開催されるとのことでした。

来年1月中旬に行われますが、主席するか欠席するかの確認をとるための手紙でもあり、出欠について返信することになっています。

参加費は無料、しかし交通費は自己負担となっています。

私も過去に1度、主席したことがありますが、午前中のプログラムは担当支店長のスピーチや、その他にもビデオ上映方式で1年間、大東建託が取り組んだ事柄等などが扱われます。

午後には、ちょっとした宴会が行われ食事とビールなどのお酒も提供されます。

ざっとこういった流れですが、行って良かったと思ったことをまとめてみますと・・

 

大東建託がどこに向かっているかを知ることができる。

大東建託が力を入れている事柄、今後何を行おうとしているかを知ることができ、オーナーとしてはある種の安心感を得ることができます。

アパート画像

大東建託設計施工管理のアパート。物件オーナーは8万人以上。

宴会もホテルで行われ飲食費は無料

まあおそらくは飲食を楽しみに毎年こられるオーナーさんもおられるのではないかと思いますが、そこそこの食事とビール等が振舞われます。

また抽選会などもあり、数人のオーナーさんは家電製品などを持ち帰ることができます。

1年に1回、必ずこられるオーナーさんもおられると思いますが、綺麗なホテルで集い、飲食を楽しみとオーナーさんいとって悪いことはありません。

さらに大東建託への信頼もある程度は得ることもできます。

もちろん出席しても他のオーナーさんと親しくなることはありませんし、大勢の大東建託の社員も挨拶や案内をしてくれるものの、かといって大東建託の社員と個人的に話すということもあまりありません。

もちろん女性オーナーさん同士の場合は、この機会に交流を持つようになった方はおられるようですが。

ところで今回も残念ながら開催日には仕事の予定があるので、出席したいと強く思っていましたが、欠席ということで返信いたしました。

 

 

追記:この後、大東オーナー会には、家族の同伴ができるようになりました。

 

そのてんについては以下の記事をご覧ください。

今年も年末が、だんだんと近づいてきました。

このころになると毎年、大東建託(大東建託パートナーズ)から、ご案内の手紙が送られてきます。

この手紙とは、大東オーナー会「全国支部報告会・懇親会」のご案内の手紙です。

今回は10回目となるようですが、今回は年末の12月中旬に、阪神間にある、やや高級なホテルで行われます。

先回は1月中旬だったと思いますので、先回よりも1カ月早い日程で行われることになります。

この大東オーナー会、8回目までは原則オーナーさんのみの出席が許されいました。

例外的には、オーナーさんが高齢などのために、どうしても付添人が必要な場合は付添人も一緒に来てもよいことになっていました。

しかし先回9回目からは、オーナーさんの

家族の1人が同伴しても良い

ということになりました。

このことはオーナーにとっては心理的には、とても参加しやすくなるものと思われます。

というのも1人で大東オーナー会に行っても、知ってるオーナーさんが誰もいない方が大多数だと思いますし、せいぜい大東建託営業店の担当者が顔見知りになっているぐらいだからです。

私も先回の大東オーナー会は、都合で行けなったのですが、今回は妻と共に是非行きたいと思っています。

アパート画像

賃貸住宅最大手の大東建託設計施行管理の木造アパート。

ところで、なぜ先回から家族の1人が同伴することができるようになったのか、大東建託の狙いは何なのかと考えてみますと、ご案内の手紙をよく読んでみますと、どうやらオーナーさんが亡くなった後も、引き続き大東建託との契約を次世代オーナーさんも継続してもらうことに目的があるように思われます。

実際、次世代オーナーとなる人たちは、40歳台、50歳台も多く、インターネットで多くの情報を収集できる世代でもあります。

ということは良くも悪くもインターネットから大東建託についての情報も収集することができ、そのような情報から、親から引き継ぐ物件を引き続き大東建託グループに管理してもらうことに、ためらいを感じている方も少なくないことでしょう。

私もネット上での大東建託についての情報に接すると今でも

多少不安に感じることがあります。

しかしオーナーの経験を積むにつれて、ネガティブな情報も、実際には他社に管理を任せても同じようなものだということも、気づくようにもなってきました。

オーナーの数が圧倒的に他社よりも多いことも、その分、ネガティブな情報が多くなってしまうといえるかもしれません。

今回の大東オーナー会の出席によって現オーナーさんと次世代オーナーさんの不安や心配が多少とも和らぐことができれば、いいのになとも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA