小規模マンションオーナーの日記


7月 11, 2018

大東建託物件 更新時に家賃が値上がりしないケース


 

アパート画像

大東建託設計施工管理のアパート。

管理戸数100万戸以上。

大東建託パートナーズが管理している物件の戸数ですが、これだけ多くの戸数がありますので、入居者と管理会社間の多少のトラブルがネット上でコメントされているのを見かけます。

そのうちの1つが、2年毎に行われる更新時に、家賃が値上げになっているというてんです。

おそらくは大東建託パートナーズの更新についての封書を開封して内容に目を通した時に、家賃が1000円以上の値上げになっているのを見て愕然とされたかもしれません。

そしておそらくは、同じ書類に、今回なぜ値上げになったかについての説明文も加えられていたことと思います。

私も大東オーナーなので、大東オーナーのマイページを見て、入居者さんの家賃をチェックすることがありますが、さほど多くはありませんが、時々更新時に値上げになっているケースがあるのを目にすることがあります。

ところでそれでも大半は、大半は

値上げになることはありません。

ではどのような基準で、値上げにするか、それともしないかが決められているのでしょうか。

このてんで大東オーナーのマイページには入居者さんの更新の結果について確認するページがあります。

このページを見ると、更新時に値上げになったのか、それとも家賃は変わらなかったのかを知ることができます。

バラ画像

更新時に大半の入居者さんの家賃が値上げになることはない。

実は本日、私のマイページの更新の結果のページが更新されていたのですが、2人の入居者さんの更新後の家賃が表示されていましたが、結果は変わらずでした。

このうちの1人の方は、今回で5回目の更新となりましたが、現在は大東建託の査定家賃よりも数千円高い入居家賃で入居しておられます。

やはりこの場合は家賃が値上げになることはないようです。

そしてもう1人の方は今回で3回目の更新となりましたが、この入居者さん、入居された時は、大東建託の査定家賃よりも数千円安くなった募集家賃の時に入居されました。

そこで1回目の更新時には1000円、2回目の更新時にも1000円と家賃が値上がりしていったのですが、今回は入居家賃が査定家賃を上回っていましたので、さらに1000円値上げとはならず、現状維持となりました。

このことから現在の入居家賃が大東建託の査定家賃を上回っている場合は、どうやら値上げをすることがあまりないようです。

物件オーナーからすると、ちょっと残念なことではありますが、しかし2人とも良い入居者さんなので、長く入居してくださればと思っています。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA