小規模マンションオーナーの日記


6月 09, 2019

小規模企業共済 前納減額金が8320円支払われていた!!

Pocket

白いコスモス画像

アパートマンション事業者でも小規模企業共済の恩恵を受けることができる場合がある。

6月の中旬頃のことでしたが、中小企業基盤整備機構から手紙が届きました。

これまでも時々ですが、中小企業基盤整備機構から手紙等が届くことはありましたが、今回はなんだろうと思い開封してみますと、その内容は「小規模企業共済契約に係る前納減額金の支払決定通知書兼振込通知書」と書かれています。

とても長々とした内容ですが、要するに1年間の支払いを前納しているので、幾らかを払い戻ししたということです。

そして今回の支払金額は

8320円でした。

思わむ収入にヤッターと思いましたが、多いか少ないかとなるとどちらとも言えません。

例えば国民年金の場合でしたら2年分の国民保険料を前納するならば、約1カ月分の国民保険料が減額されることになります。

利率で計算すると約4%ということになります。

今の時代、4%の利率ということはかなりの高パフォーマンスといえます。

その一方で私の場合、小規模企業共済は、毎年の秋ごろに84万円を支払い前納していますので、昨年は前納減額金はなかったので、2年間、164万円で8320円ということになります。

積水マンション画像

節税効果には定評のある小規模企業共済に加入しているオーナーさんも少なくない。

この場合、利率で計算すると0.5%ということになります。

0.5%というと銀行預金よりは良いかもしれませんが、しかし高パフォーマンスというわけではありません。

そして国民年金と比較するならば、かなり少ないということになります。

ところでもう忘れてしまっていましたが、今から2年前にも小規模企業共済の前納減額金が支払われていました。

預金通帳で調べてみますと、前回は5110円が支払われていました。

ということは今回は約3000円ほどアップしたことになります。

おそらくは、今度は今から2年後の2021年に支払われることになりますが、この時は幾ら支払われるのでしょうか。

いずれにしても国民年金よりは、前納のさいの割引額がかなり少なめとはいえ、銀行への預金よりは、良い利率なので、これからも前納していきたいと思います。

またそもそも小規模企業共済に加入した目的は節税目的でしたので、今後もその目的のためにお世話になっていきたいと考えています。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA