小規模マンションオーナーの日記


7月 18, 2018

国民健康保険料の支払い方でちょっとした節税👍


バラ画像

不動産収入があると国民健康保険料が高額になることがある。

私がマンションオーナーになって大きく変化した事柄の1つが、国民健康保険料が驚くほどに高額になったことです。

年によったら国民健康保険料の上限にまでいった年もあります。

確定申告のために税理士さんとの打ち合わせの時も税理士さんが

「国民健康保険料が高いですね」

と言われるほどに、マンション経営において国民健康保険料は足を引っ張る要因になっています。

ところで、高額の国民健康保険料、唯一物件オーナーのとって良いことがあります。

それはなんでしょうか。

勿論、病気になって医者にかかった時に助かることは、勿論のことですが、それ以外の事柄としては国民健康保険料のために支払った金額の

全額が所得税控除になる

というてんです。

ですから結果的には、所得税や住民税を軽減させることができます。

そしてこの国民健康保険料、支払い方を工夫することによって、多少効果的に節税を行うことができます。

どのようにでしょうか。

この国民健康保険料が所得税控除になる金額は1月1日から12月31日までに実際に支払った金額です。

ですから6月に役所から送られてくる国民健康保険料決定通知書の保険料が80万円だとしても、1月1日から12月31日までの間に実際に支払った保険料が50万円だとすると所得税控除の対象となる金額は50万円になります。

この特性を考慮して国民健康保険料の支払い方を工夫して効果的な節税を行うことができます。

(さらに…)