小規模マンションオーナーの日記


8月 04, 2020

エアコン交換工事費用10万円が大東ワランティで0円

アパート画像

梅雨が明け暑い夏になりました。

となると必需品となるのはエアコンです。

市街地の場合は、夜中でも真夏はあまり気温が下がらないので、安眠のためにエアコンをつけたままにすることも少なくありません。

私もそうしています。

ところでエアコンですが、寿命があります。

だいたい10年を超えたころから故障するようになり、エアコンそのものを交換する必要が生じる場合もあります。

アパート画像

大東建託設計施工管理の木造アパート。

そしてエアコンを交換するとなると1台につき本体が6万円以上、工事費で3万円ぐらいがかかり、だいたい10万円ぐらいの費用がかかります。

アパートやマンションにオーナーにすれば、エアコンはいずれ壊れるものでいつかは交換しなければならないものですが、交換費用が1台につき10万円ぐらいするというのは頭の痛いところです。

ところで

大東オーナーには大東ワランティーサービスがある

という記事には

大東建託パートナーズが住宅設備延長修理保証を2015年11月から開始するというのです。 簡単に言えばオーナーが大東建託パートナーズに定額を毎月支払うならば、設備故障の修理、場合によったら交換を大東建託パートナーズが保証限度額まで保証してくれる制度です。 ところでオーナー、大家にとって賃貸物件の設備故障をおこりうるもので、かなりの高額になる場合もあります。 私のマンションも築8年になりますが、乾燥機の故障が2回ほどあったと記憶しています。 乾燥機の場合、故障修理費は1回につき4万円以上はかかります。 そして10年を超えると、設備故障も増えていくといわれています。・・ いずれにしても大家にとって設備の故障修理、交換は避けられない課題で大東建託パートナーズの新サービスはこの課題に大家さんが取り組む一つの方法にはなりそうです。

と書かれていました。

(さらに…)

2月 04, 2017

確定拠出年金は信託報酬にも注意!!


花画像

投資信託はファンドマネジャーに信託報酬が支払われるようになっている。

アパートローンをひいてアパートかマンション経営を行っているならば、取引銀行から確定拠出年金を勧められるかもしれません。

この確定拠出年金、銀行がアパートマンション大家に勧めるさいに強調するのは節税になるというてんです。

というのも掛金全額が控除の対象になりますから確かに節税対策にうってつけの商品です。

仮に月額上限額の6万8千円を掛金とすると、年間の拠出額は81万6千円となります。

ということは所得税が課税所得に5%かかる場合は、4万8百円の節税となり、住民税も約2倍の8万円の節税となります。(10%の場合はその2倍の約8万円となります)

しかもこの確定拠出年金、運用方法は自由に指示することができます。

国内株式であれ海外株式、そして国内外の債券、さらには元本割れのない定期預金で運用することもできます。

さらに確定拠出年金のメリットは、運用益が非課税になるという特典までもあるのです。

ですから所得税を多く支払っているならば、ぜひとも活用するべき制度の1つといえます。

そして都市銀行からアパートローンを借りているならば、たいがいの都市銀行は確定拠出年金も扱っていますので、取引銀行の確定拠出年金を活用することもできるでしょう。

(さらに…)

1月 31, 2017

国民年金を上手に支払って効果的な節税👍


花画像

国民年金の支払い方を工夫することによって効果的に節税を行うことができる。

最近、国民年金機構より手紙が届きました。

なんだろうと思い、開封してみると、国民年金の支払いを口座振替にしてほしいというものでした。

実のところ国民年金機構は周期的に繰り返し口座振替での支払いを勧めてきます。

なぜだろうかと考えてみますと・・

国民年金機構にとって口座振替での支払いが最もメリットがあるからのではないかと推測します。

というのも口座振替にするならば、極力、納付漏れを防ぐことができます。

つまりは国民年金機構としては、手っ取り早くしかも確実に集金ができるというメリットがあるのです。

ではなぜクレジットカードでの支払いもできるのに、国民年金機構はクレジットカード払いには積極的でないのか。

それはおそらく国民年金機構がカード会社に手数料を支払わなければならないからでしょう。

ということで口座振替での支払いをしきりに勧めてきます。

最近では新聞の購読料も口座振替やクレジットカードでの支払いを勧めてきますが、それはあくまでも新聞販売店にとって集金人さんによる集金よりも、口座振替やクレジットカード払いのほうが、確実にまた集金費用を抑えつつ集金ができるからと言われています。

つまり集金サイドとしては口座振替>クレジットカード>現金払いの順でメリットがあるのです。

(さらに…)