小規模マンションオーナーの日記


9月 19, 2018

「いい部屋ネット」の次は「いい家ネット」?

Pocket

花画像

戸建て住宅賃貸にもメリットがある。

昔は戸建て住宅の賃貸というと、さほど珍しいことではありませんでした。

私が住んでいる周辺エリアにおいても戸建て住宅の賃貸は少なくなかったのですが、時代とともに、とりわけ土地価格が高い市街地では、戸建て住宅の建て替えとなるとアパートなどの集合住宅にするケースも多くなってきました。

それで最近では、戸建て住宅の賃貸物件はめっきり少なくなってきたように思います。

ということは希少価値が高まる=家賃もそこそこの家賃に設定できるということなのかもしれません。

ところでアパートなどの集合住宅の賃貸といえば、大東建託が代表格のようなものですが、その大東建託が戸建て住宅賃貸にも力を入れ始めています。

不動産流通研究所のサイトのなかの2018/8/23の「戸建賃貸にカスタムオーダーを導入/大東建託」という記事には

大東建託(株)は23日、30~40歳代の子育て世代をターゲットにした、カスタムオーダー型戸建賃貸事業スキーム「cocoDaTe(ココダテ)」の試行を開始した。「cocoDaTe」は、入居者が間取りプラン、外観、設備グレード、デザインテイスト、アクセントクロスなどをカスタムオーダーすることができ、家賃を5年ごとに5,000円減額する新しい家賃設定を導入する。

引用:戸建賃貸にカスタムオーダーを導入/大東建託

と記事には書かれています。 (さらに…)

Pocket

5月 13, 2018

持ち家は賃貸よりも設備のグレードが高いというのは本当?

Pocket

アパート画像

管理戸数100万戸以上の大東建託設計施工管理のアパート。物件のIOT化が加速している。

持ち家派と賃貸派。

どちらがいいのかという議論は絶えません。

この数十年の傾向としては、公務員や大企業の会社員といった、そこそこの安定高収入のある世帯は、持ち家や分譲マンション購入に走った方が多かったように思われます。

一方で私の知人のように、分譲マンションはもうコリゴリと言って、所有物件を売却して、現在では賃貸暮らしをしている方もおられます。

ところで持ち家にしても賃貸にしても、いずれにもメリットとデメリットがありますが、これまで持ち家のメリットそして賃貸のデメリットとしてあげられていたのが

持ち家は賃貸よりも設備のグレードが高い

といわれているてんです。

つまりは賃貸のほうが設備のグレードが低い傾向にあるというのです。

そしてこのてんについては昔は真実だったと思います。

しかし近年はというと・・賃貸住宅の性能がアップしているというのも事実です。

例えば住宅のIOT化の分野になると大東建託やレオパレス21といった賃貸住宅会社が積極的に取り組んでいます。

戸数割合からすると持ち家や分譲マンションよりも賃貸住宅のほうがIOT割合は高くなっていくように思われます。

(さらに…)

Pocket

2月 03, 2018

アパートオーナーも規模の拡大には慎重姿勢に転ずる?

Pocket

賃貸マンション画像

積水ハウス施行管理の賃貸マンション。

2018年になり景気は悪くないといわれていますが、一方で住宅需要のほうは、やや下降気味ともいわれています。

住宅産業新聞社2018年1月8日によると

10月における住宅11社の受注金額(速報値)は、4社がプラス、7社がマイナスと分かれた。積水ハウスは4ヵ月連続、大和ハウス工業は2ヵ月連続で減少となった。戸建住宅は商談の長期化、集合住宅(賃貸住宅)については「オーナーの慎重姿勢」(パナホーム)により、受注額がマイナスとなった社が目立った。一方、二ケタ増となった旭化成ホームズは、戸建住宅、集合住宅とも回復した。

と報じました。

この速報値は2017年10月のものですが、それによると2大建設メーカーの積水ハウスと大和ハウス工業の受注金額がいずれも減少となっています。

積水ハウスについては4カ月マイナスということなので、7月ぐらいから受注が下降しているようです。

戸建住宅の不振理由は「商談の長期化」が原因ということですが、戸建住宅も建築費の高騰などで、販売価格が上昇し、購入希望者もなかなか商談で決断を下せないのかもしれません。

そして商談を長引かせて、幾らかでも値引きしてもらおいうという思惑があるのかもしれません。

とりわけ積水ハウスや大和ハウス工業の戸建住宅は品質は良くても、価格が高いですからね。

(さらに…)

Pocket

8月 15, 2017

最近 急速に人気が高まってきた一条工務店!!

Pocket

花画像

戸建住宅といえば積水ハウス、大和ハウス工業、しかし実は一条工務店がトップシェアに肉薄している。

戸建て住宅といえば、積水ハウスがなんといっても知名度や人気といったてんで、トップクラスでした。

しかし最近、多少ですが風向きが変化しているようです。

では建設業界総合力ではトップの大和ハウス工業の戸建て住宅が追い上げてきているのでしょうか。

そうではありません。

知名度というてんでは、これまであまり知られれていなかった建設会社による追い上げが生じているのです。

その建設会社とは

一条工務店です。

私もつい最近まで、そのような建設会社があるとは知りませんでした。

たしか1年ほど前に、自宅から少し離れ場所の戸建て住宅の建設現場に、一条工務店と表示されたシートを見たのが最初ですが、その時は、こんな工務店があるのかと思ったぐらいです。

おそらくは大手メーカーでなく、中堅か零細工務店じゃないかと思っていました。

しかしあれから、ちらほらと一条工務店のニュースが目に入ってきたり、他の場所でも一条工務店の建設現場を見かけるようになりました。

そして日経XTECH2017年7月21日の「一条工務店が積水ハウスに迫る理由」という記事によると戸建て住宅の販売戸数は

積水ハウスの1万4000棟弱に対し、一条工務店は約1万2000棟の2位となっています 

 

引用:一条工務店が積水ハウスに迫る理由

とのことです。

戸建て住宅販売戸数トップは積水ハウスには変わりがないのですが、約2000棟の差しかなく将来的には逆転の可能性も十分にあります。

(さらに…)

Pocket

8月 14, 2017

マンション崩壊よりも深刻な戸建て住宅崩壊😟

Pocket

ポスト画像

マンション崩壊が社会問題化しつつある。

先回のブログ記事ではマンション崩壊について書きました。

分譲マンションでも、賃貸住宅でも、建物のメンテナンスを怠るならばマンションの劣化が進み、マンションが崩壊していくことについて書きましたが、このマンションの崩壊については近年になって社会問題化している事柄です。

ところでマンション崩壊よりも、より多く起きているかもしれない事柄があります。

それは築年数が経っているのにもかかわらず、ほとんど修繕や改修が行われていない戸建て住宅崩壊です。

このことを実感したのが夏の一時、妻の実家のある地方に行った時に感じたのですが、地方とあって住宅割合は集合住宅よりも戸建て住宅が多い地域です。

多くの世帯が農家かないしはサラリーマンですが、それぞれ家と広々とした土地を所有していますが、家の状態については

二極化しています。

つまりは、きちんと修繕や改修が行われていたり建て替えた快適な自宅を持つ世帯もあれば、修繕や改修もほとんど行われていない、まさに崩壊し始めているかのような戸建ての世帯もあります。

それではどうして修繕や改修が行われていないのかというと、それはそうするための費用がないからです。

(さらに…)

Pocket

7月 27, 2017

田舎に移住して持ち家をもつことのリスク?

Pocket

 

小豆島画像

地方においては修繕されないままの家も少なくない。

ここしばらく分譲マンションブームのようなものが続いてきましたが、最近(2017年現在)は多少陰りが生じているようです。

というのもマンションに住むことの様々なリスクが意識されるようになったことがあるからかもしれません。

例えば修繕積立金、当初は1~2万円だったのが、突然3~4万円に上がったとか、同じマンションに迷惑な住人がいて困っているが、どうしようもないといった事があるかもしれません。

さらには理事会のメンバーに加わりたくない、マンションの規約が厳しくて窮屈だなど様々なリスクがあります。

それなら家を買えば良いじゃないかとなるかもしれません。

もちろん持ち家を持つことにはマンション暮らしにないメリットが多々あると思います。

特に広々とした住宅に住みたいならば、

田舎の中古の住宅を改修して田舎暮らしを楽しむことも

できると思います。

実際のところ人口減少に悩む田舎に比較的若い世代が移住するならば自治体をあげて歓迎してくれることでしょう。

しかし、すべてがバラ色、リスクがないわけではありません。

私の妻の実家が田舎にあるので、そこで感じていることをあげていきますと

まず第一に田舎の家は広くて住みやすいのかもしれませんが、当然、時とともに傷み修繕が必要になっていきます。

(さらに…)

Pocket

5月 07, 2017

人気がある戸建住宅に住むことのメリット!!

Pocket

アパート画像

アパートとオーナー住居がある併用住宅。

先回のブログ記事では、最近(2017年)になって戸建住宅の新築件数のほうが分譲マンションの新築件数を上回るようになったことについて書きました。

値段面で乱高下する分譲マンションよりも、リスクの少ない戸建住宅へと向かう方も増えているようです。

ところで私も今は所有マンションにオーナー使用部屋を設けて住んでいますが、昔は戸建住宅に住んでいました。

今から思うと戸建住宅には、それなりのメリットがあるように思います。

例えば、ペットの飼育については、ほぼ自由です。

常識の範囲で飼うならば、ほぼ問題はないでしょう。

さらにアパートマンションに住む時に請求される管理費のようなものはありません。

また修繕積立金もありません。

またリフォームや改築、修繕等は物件の維持のためには行う必要がありますが、業者の選定、行う時期等などを比較的自由に選ぶことができます。(マンションオーナーのように管理組合や理事会の決定に左右されるといったことがありません)

知り合いの業者等に行ってもらうこともできるでしょう。

さらに駐輪スペースにしても、アパートマンションの場合は決められた場所に駐輪することが求められますが、戸建住宅の場合は、敷地の中であるならばどこでも適当な場所に駐輪することができます。

(さらに…)

Pocket