小規模マンションオーナーの日記


7月 05, 2018

固定資産税をコンビニ支払いにしてちょっとお得に


積水マンション画像

土地だけでなく建物にも固定資産税がかかる。

今年も固定資産税の通知書が役所から届きました。

内容を見てみるとやはり高額です。

一般的には家賃収入の1割程度が固定資産税の支払いにあてられるともいわれています。

土地活用あるいは固定資産税対策で建てたアパートマンションですが、たしかに土地にかかる固定資産税は更地のままにするよりも、かなり軽減されるのですが、その一方で建物には新たに固定資産税をかけられてしまうので、場合によったら更地のままにしているよりも、支払う税額が高くなってしまう場合もあることでしょう。

上記の写真にあるような、立派なRC造りの賃貸マンションでしたら建物にかかる固定資産税はかなりの額になると思われます。

ですから空室だらけの物件をかかえるオーナーさんでしたら、家賃収入が十分に入らないのに固定資産税が高額なために、それならば更地のままにしていたほうが良かったと考えてしまうオーナーさんもおられることでしょう。

ところでどうせ支払わなければならない固定資産税ですが、多くの場合は口座振替で支払っていることでしょう。

私もこれまではそうしてきました。

しかしそれでは手間は省けても、それ以上にお得なことはなにもありません。

そこで思いついたのが、セブンイレブンでnanacoで支払うという方法です。

(さらに…)

3月 27, 2016

アパート経営の空室問題に自治体も対策に乗り出す?


アパート画像

アパート過剰によるアパートオーナーの苦境は自治体も見逃せなくなっている?

空き家が増加している中、ようやく自治体も対策に乗り出そうとしています。

以前のブログ記事

自治体が空室だらけによる環境問題に取り組む?

で自治体からのアンケートが届いたことについて書きましたが、アンケートを提出してから、1週間ほどした昨日、お礼のはがきが届きました。

これまで自治体が空き家のことで、市内のアパートマンションのオーナーにアンケートを求めることはなかったのですが、今回初めてアンケートが実施されました。

それだけ私の住んでいる地域でも、空き家が増加しはじめ、賃貸住宅でも空き部屋が目立つようになってきたのかもしれません。

お礼の内容は以下のようになっています。

このたびは、お忙しい中、アンケートにご協力いただきまして、誠にありがとうございます。ご記入いただきました個人情報につきましては適切に管理し、空家対策等、今後の施策検討の貴重な資料とさせていただきます。-都市整備局都市計画部 建築安全担当

 

と書かれていました。もちろん自治体がこれから空き家対策に乗り出したばかりで、今後何年すればその効果が、あらわれてくるかはわかりません。

しかも建築安全担当というと、本来は違法建築物の取り締まりや、老朽化危険空きい家対策を行う部署で、建築物の安全を重視する部署であって、その部署がなぜ空き家、(賃貸住宅の空き部屋)対策に乗り出そうとしているのかもわかりません。

(さらに…)