小規模マンションオーナーの日記


6月 11, 2017

大東建託が賃貸住宅シェア20%に近づく


花画像

賃貸住宅大手による寡占化が進むと言われている。

2017年3月期の決算説明会も多くの会社で行われ、比較的多くの会社でまずまずの決算内容だったようです。

賃貸住宅関連でも積水ハウス、大和ハウス、レオパレスといったところは好決算だったようですが、管理戸数でトップの大東建託も決算説明が行われ、おおむね良好な内容だったようです。

売上高は前期比6.1%増の1兆4971億円。

営業利益は前年期比19%増の1201億円。

経常利益も前年期比18%増の1245億円。

といった増収増益です。

好調の要因は管理戸数増と入居率も高水準を維持していることにあるようです。

管理戸数100万戸を超えさらに入居率も常時95%以上を維持しているので、管理手数料が手堅く入っていることでしょう。

ところで気がかりなてんもあります。

その気ががり要因は建築営業で前年比減5.4%です。

このてんは幾らかの改善を図るために飛び込み営業を強化しているとのこと。

特に地域別では北海道と東北での受注が大きく下がったとアナウンスされています。

東北といえば土地は多くあり、土地活用ができそうな地主さんもたくさんおられるのではないかと考えてしまいますが、土地価格が低くアパートローンを借りるにしても担保が十分に取れずにアパート事業を始めるのが難しいのかもしれません。

アパート画像

いい部屋ネットの大東建託設計施工管理の木造アパート。

ところで今後の見込みについては、大東建託社長は「賃貸住宅市場は大手の寡占化が進む」との見通しを述べておられます。

生き残れる大手は、大東建託、積水ハウス、大和ハウス工業、旭化成、レオパレスといったところでしょうか。

中小の賃貸業者やサブリース業者は、よほどのメリットがなければ、淘汰されていくのかもしれません。

私のところにも中小の業者が管理業務をさせてほしいとの宣伝の手紙をよく送ってきて、開封し見てみると管理業務のノウハウが優れているということを強調していますが、受け入れることには慎重でなければならないでしょう。

なお大東建託社長によると「市場シェア20%達成に向けていきたい」とのことです。

現在、全国の賃貸住宅戸数は750万戸ぐらいといわれていますから、管理戸数150万戸達成で、ほぼ20%の目標に到達できるのではないかと思います。

今の勢いならば150万戸達成もそう遠い将来ではないのかもしれません。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA