小規模マンションオーナーの日記


8月 23, 2017

アパートマンションの建て替えの時期とは?


花画像

アパートなどの賃貸住宅はいずれは建て替え時期を迎える。

最近、アパートマンションの経営についての本を読んでいると、実際の経験談がのっていました。

この経験談によると、あるオーナーさんは税理士さんでもあり、農家も行っている方ですが、東京の通勤圏に農地があり土地価格も上昇してきたので、一部の農地をアパートに転用しアパートオーナーさんにもなられた方です。

ちなみに施行業者は積水ハウスです。

その方は税理士を行うほどの方ですので、物事を緻密に計画する方でもあるそうですが、建てたアパートは20年後には建て替える計画も立てているとのことです。

しかしそれにしても

アパートを20年で建て替える

というのはちょっと建て替え時期が早過ぎるのではないかとさえ思いましたが、私の読んでいたアパートマンション経営の本の著者は20年で建て替えることを早過ぎるどころか、推奨しているかのような書き方をしているようにも思えます。

なぜ早い時期に建て替えをすることを勧めるのでしょうか。

それは物件の流行も年月とともに変わるからです。

例えば今は最新の設備を整え、部屋の間取りも流行の間取りにした賃貸住宅を建てたとしても、10年もすれば、もはや設備も最新ではなくなり、部屋の間取りも時代遅れになっているかもしれません。

アパート画像

完成間近の大東建託設計施行の木造賃貸住宅。

例えば昔はユニットバス、つまりはお風呂とトイレが一体化したような賃貸住宅が流行った時代もありました。

今でもホテルに泊まるとユニットバスを目にすることがありますが、最近の賃貸住宅ではユニットバスはまずありません。

というか部屋がユニットバスならば、多くの方が敬遠するようです。

ですから近年建てられている賃貸住宅はトイレと浴室は別になっています。

ということでいわゆる専門家といわれる方で早い時期の建て替えを勧める方がおられるのです。

しかし建て替えとなると現物件を解体しなければなりませんが、

解体費用は昔よりも高くなっています。

というのも解体後の分別が厳しくなり、その分費用が高くつくようになったといわれています。

ですから昔のように安易に建て替えもしにくくなっているようです。

木造アパートでも30年超の物件も少なくありません。

このてんで大東建託などの建設会社はだいたい30年を超えたぐらいから建て替えを提案しているようです。

ですから木造アパートの建て替えは30年を超えてから、RC造りはメンテナンスをしっかりと行ってきたのならばもっともっと先に建て替えを検討することができるかもしれません。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA