小規模マンションオーナーの日記


6月 06, 2018

大東建託がモデルルール?


アパート画像

完成間近の大東建託設計施工管理のアパート。

モデルルームといえば、分譲マンションを販売する不動産会社のモデルルームを連想することでしょう。

あるいは都市部であるならば積水ハウスや大和ハウス工業の戸建住宅のモデルルームを目にしたことがあるかもしれません。

しかし賃貸住宅のモデルルームとなると見たことはないと思います。

それもそのはずこれまでは賃貸住宅のモデルルーム自体があまり存在していないからです。

しかも賃貸住宅への入居希望者の場合は、入居したい物件に足を運んで内見をすればそれで十分です。

ところが日本経済新聞2018年5月6日の「大東建託、賃貸特化の住宅展示場 都内に20年竣工 」という記事には

大東建託は賃貸物件に特化した国内初の展示場を東京都内に新設する。同社の最新の賃貸住宅を見せるほか、耐震性能などアパート建設に関わる最新技術を展示。アパート運営に関心を持つ人からの受注増加につなげる。入居者のニーズが多様化するなか、未来の賃貸住宅での暮らしを示す情報発信拠点としても活用する。東京都江東区に取得した約3000平方メートルの土地に、延べ床面積3639平方メートルの施設を建設する。

 

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3013790005052018000000/(アクセス日2018/6/6)

と書かれていました。

花画像

賃貸住宅の住宅展示場が開設されようとしている。

このように2020年に大東建託が東京の江東区に賃貸物件に特化した住宅展示場を東京の江東区に開設するというのです。

そして開設する目的は、アパート運営に関心を持つ人の受注増加にあるということです。

もちろん来館は、あらゆる人の来館が可能なようで、今すぐにアパート建設を考えていなくても、大東建託の最新技術を駆使した賃貸アパートがどうのようなものか体験したいという場合にも行ってみることができるかもしれません。

ですからアパートオーナーでなくても大東建託の賃貸住宅に住むことに関心のある方も、来館してみることができるでしょう。(予約性です)

そしてこの施設の場所が東京ということなので、首都圏に住んでおられる方であるならば、レジャーをかねて気軽に訪れてみることができます。

一方で私のように関西に住んでいるとなると、なかなか東京に行くことはありませんが、東京に行く機会があれば、寄ってみたいと思います。

ところでこの施設の建設のために大東建託は100億円近いお金をかけるようですが、竣工後の維持管理コストを含めて、これだけの投資をするだけのメリットがあるのかどうか、大東オーナーとしては少し気になるところではありますが、いい部屋でんきの二の舞とはなりませんように。

 

追記:上記のモデルルームですが、竣工しオープンしたようです。

大東建託のニュースリリース2020/6/8の「6月8日、「ROOFALG(ルーフラッグ)賃貸住宅未来展示場」がついにオープン! 」には

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、6月8日、賃貸住宅経営の未来に向けた当社の考えや取り組みをショールーム機能を備えた展示棟や、当社賃貸住宅商品のモデル棟、最新の技術を伝える研究展示で紹介する情報発信施設「ROOFLAG(ルーフラッグ)賃貸住宅未来展示場」を、江東区東雲にオープンします。
また、本施設は、当社グループ初となる100%再生可能エネルギーによる電力を使用しており、再生可能エネルギーは、国内の森林資源を有効活用したバイオマス発電によりまかなっています。

引用:https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2020/rooflag_open.0602.html(アクセス日2020/6/17)

と報じました。

今のところ予約制で入館することができます。

東京に行く用事があるならば、行ってみることができるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA