小規模マンションオーナーの日記


7月 13, 2023

DK SELECTネットサービスの設備を導入 入居者には室内開通工事が必要

筆者の小規模マンションは大東建託パートナーズが管理していますが、以前の記事でも書きましたが、大東建託パートナーズの提案にしたがって、DK SELECTネットサービスを導入することにしました。

導入のための工事費用はオーナー負担になりますし、導入後のランニングコストもオーナーが幾らか負担しなければならないのですが、今後、集合住宅におけるインターネットの重要性がますます高まっていくことも考慮してそのようにいたしました。

マンション画像

ところでDK SELECTネットサービスですが、実際のところ大東建託パートナーズはインターネット事業者と提携してサービスを提供しています。

筆者の物件で提案されたのはソニーが運営するNURO光と、もう1つはWi-Fiのみを提供する事業者のサービスです。

ランニングコストにおいてはNURO光のほうが高くなりますが、しかし入居者さんの利便性やインパクトを考えてNURO光を導入することにいたしました。

DK SELECTネットサービス/入居中の部屋で利用可能か確認したい | ご入居中のみなさま – 大東建託 (kentaku.co.jp)

それで大東建託パートナーズとNURO光の導入の契約をして、しばらくして導入の工事が行われ、筆者の小規模マンションにNURO光を入居者さんが無料で利用できるようになりました。

ところで今回のケースのように新築でないアパートやマンションの場合、共有部分までは光設備を設置することはできても、各部屋にまでは入居者さんの許可なく勝手に部屋に入って設置工事を行うことはできません。

どうするんだろうと思っていました。

すると工事完了後に、NURO光が無料に使えるようになったことのお知らせの用紙が各部屋に配られていました。

そしてそれによると、やはり各部屋の開通工事を行わなければならないとのことです。

それで入居者さんが、NURO光の開通工事担当と連絡を取って、開通工事日などを調整する必要があるとのことでした。

この場合の連絡先は大東建託パートナーズではありません。

そして開通工事には1時間程度の時間がかかり、その間、入居者さんもお部屋に滞在していなければならないことがわかりました。

なので忙しくて時間がとれない入居者さんの場合は、なかなか開通できず無料インターネットの恩恵を受けられないことになります。

 

オーナーの筆者としては、せっかく頑張って設置してもらったので、この機会にどんどん利用してもらいたいものです。