小規模マンションオーナーの日記


11月 02, 2016

テナントを保育園にすると迷惑施設になる?

Pocket

花画像

近年、保育園施設のテナント入居が増えている。

以前のブログ記事で最近空テナント解消に小規模欽定保育園の急増が、有効ということについて書いたことがあります。

今の時代、待機児童問題を解決すべく政府は1兆円近い金額を投じて、保育施設の拡充図っています。

その結果、新設の保育園の開設計画が次から次へと持ちがっており、とりわけ小規模認定保育園制度は空テナント大家にとってはとても助かる存在です。

実は、私の所有マンション1階テナントも、2016年9月から小規模認定保育園の2017年4月の開設のために学校法人が借りてくださり、家賃も9月分より支払ってくださっています。

入居斡旋をしている大東建託も、学校法人さんが借りてくれるならば、全く問題なしということで、すぐに承認してくださったのですが、しかし不安材料があります。

それは、家賃滞納される不安ではなく近所との関係で生じる不安です。

産経新聞2016年10月26日の夕刊の記事の見出しに

保育園新設 相次ぐ反発 各地で中止 待機児童解消遠のく

との記事が掲載されました。

記事によると住民説明会を開いたところ、高齢者層を中心に反対が相次ぎ中止に追い込まれたというものです。

私の所有マンションのケースでは、住民説明会など開いていませんが、開く開かないの規準はどうなっているのか、いまいちわかりません。

ただ学校法人も小規模認定保育園開設の実績のあるところなので、そのことはよく承知しているものと思いまし、さらに声高に反対する方も、今のところおられませんので、大丈夫のようです。

空テナント画像

マンション1階テナントが小規模認定保育園として使用されれているケースが少なくない。

ところで保育園を開設したさいに、近所とのトラブルになる要因はなんでしょうか。

その1が子供の声がうるさいです。

実は、私もこんてんは幾らか不安に感じています。

というのも近所というよりも同じマンションの上階の入居者には夜勤などで昼間、就寝中の方もおられるので、子供の声がうるさいと迷惑がられないかと心配しています。

ところでトラブル要因その2は送迎車の増加で事故の危険が高まることです。

高齢者にとっては、これが一番の不安要因かもしれません。

そしてトラブル要因その3は地価が下がる?です。

ただ何を根拠に地価が下がると主張されるのか私にはわかりません。

逆に地価が上がるというのならば、多少わかるのですが・・

本当に保育園=迷惑施設なのかどうか、保育園側の工夫により問題はある程度、軽減できるものですし、地域も社会全体の利益のために理解を示す必要もあるのではないかとも思います。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA