小規模マンションオーナーの日記


6月 28, 2017

一括借り上げ解約終了プロジェクトて本当にあるの?

Pocket

花画像

常時空室の多い物件は、一括借り上げ業者の経営を圧迫する。

一括借り上げによるアパートマンション経営を行う地主さんが近年増えていますが、それとともに様々なトラブルも増えてきました。

代表的なトラブル事例しては周期的な賃料改定のさいに、賃料減額を提示されてトラブルになるという事例です。

このケースは、おそらくどの業者と契約しても生じているのではないかと思われます。

ところで、このようなトラブルに対して一致団結して取り組もうとしている組織があり、それがレオパレス家主たちからなるLPオーナー会というものがあります。

レオパレスとは全く独立した家主たちからなる組織ですが、トラブルとなっている事柄の情報を共有できたり、場合によったら裁判によって事を正すように動くような、オーナーたちにしては心強い組織です。

ところであるサイトの記事を読んでいたらレオパレスについての驚くべき商法について書かれていました。

情報源はおそらくLPオーナー会と思われますが、どうもレオパレスには

終了プロジェクト

というようなものがあるというのです。

例えば、あるレオパレスの物件は立地的に悪く、常時、空室が目立つとします。

するとこの物件の家賃保証をしなければならないレオパレスは損失を被り続けることになります。

アパート画像

レオパレス21の賃貸住宅アパート群。

するとレオパレスはどうするかというとBIGLOBEニュースの「広瀬すずのCMでおなじみレオパレス21に集団訴訟! 契約アパートオーナーたちが告発するえげつない商法」という記事のなかでジャーナリストの小石川シンイチ氏によると賃料の大幅の減額によって

というのです。

ただふと思うのは、空室が目立つようなエリアでの賃貸住宅はどうしても家賃は下落傾向にあり、賃料がそれに見合った程度下げられるのはレオパレスだけでなく、大東建託、積水ハウスなどの他の一括借り上げ業者でも同じ事ではないかと思います。

問題はレオパレスが本当に解約に仕向けるように組織的に動いているのかどうかというてんです。

会社の方針として、あの物件は赤字続きだから解約といった指示がでているとしたら、人道的に問題があるように思います。

事実はわかりませんが。

それにしても私の周辺エリアにも多々レオパレスの物件がありますが、10年以上経っている物件がほとんどですが、レオパレスでなくなった物件は今のところありません。

空室が少ないからかもしれません。

ところで今はどうなのでしょうか。

現在は「解約プロジェクト」のような事柄を聞いたことはありませんが、おそらくはレオパレス21も当時は経営難からやむなく行った事柄なのかもしれません。

しかしもう少し、やり方というものがあったのではないかと思います。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA