小規模マンションオーナーの日記


11月 16, 2016

レオパレス大家が集団訴訟

Pocket

賃貸アパート画像

賃貸アパート。

以前のブログでアパート一括借り上げメーカーで最も苦情相談の多いメーカーがレオパレスだということについて書いたことがあります。

そのレオパレスの大家100人超がレオパレスに集団訴訟を起こすというニュースがありました。

管理戸数56万戸、大家さんは5万人前後?で、大東建託の8万人の3分の2程度と思われます。

しかし大家による苦情相談件数は大東建託よりも多く、明らかに大手一括借り上げメーカーの中では、最も不満を持つ大家さんの割合が多いといわれています。

その原告の中心はレオパレス大家さんで結成されているLPオーナー会だそうで、大手レオパレスに集団訴訟を起こすという私にとっても興味深い事例で注目しています。(大東建託物件オーナーにはレオパレス大家独自で運営しているLPオーナー会のようなものはありません)

そもそも問題になっているのはレオパレスがオーナーに提供している「家具・家電総合メンテナンスサービス」で契約上では一定期間経過後に新品と交換することになっているのが、交換されていないというてん。

しかも1戸あたり毎月2000円を大家はレオパレスに支払続けているとうものです。

1戸2000円ということは10戸所有していれば20000円を負担しているということで、大家にしてみればきちんと約束事を守ってほしいということなのでしょう。

花画像

今回の訴訟によって大家側が一花咲かせるだろうか。

レオパレス側は「期間が経過しても新しい物に交換していないが、メンテナンスはしているために、返金ができない」という回答です。

この訴訟どうなることでしょうか。

あそらく明確に契約書に新品交換のことが書かれているのならば、レオパレス側が不利のようで、会社の名を傷つけないためにもレオパレスが、なんらかの譲歩をするかもしれません。

ところでこの訴訟が関心をひくのは、サブリース契約の場合、多くの場合、大家は不動産についての知識があまりなく、メーカーにうまく利用される可能性があるというリスクがあります。

いってみれば労働組合がない会社の従業員のようなもので、いわば経営者に利用されるだけ利用されるようなものかもしれません。

そのなかで集団訴訟という形で、メーカーのやり方に異議を唱え、法に訴えるという手法は、サブリース業者と大家の関係に多少の変化を与えるのではないかと思われます。

さて今後どうなっていくのか注目です。

スポンサーリンク


Pocket

3 thoughts on “レオパレス大家が集団訴訟

  1. 望月基生 より:

    こんにちは!レオパレス訴訟を調べているうちに辿り着きました。自分は、大東建託オーナーです。建託贔屓で言う訳じゃないですが、HPを見ると、LPなんちゃらもそれをネタにで小遣い稼ぎしてるようにしか見えないんですが・・・会費制とか。レオパも悪いですが、なんかどっちもどっちという感じがします。あ、誹謗中傷ではないです。率直な感想です(笑)

    1. k64245288 k64245288 より:

      コメントありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

  2. 愛知県小牧市 より:

    私は現在、愛知県小牧市内にあるレオパレスがオーナーとサブリース契約を行っているアパートに入居者として住んでいますが、今月10日にレオパレスから改修工事の為退去して欲しいと急な書面が届きました。その事で・・揉めています。ココでは詳細については控えますが・・その詳細について知りたい場合はネットで不動産口コミサイトの(レオパレスって)と検索するとその掲示版に(愛知県小牧市)と言うペンネームで書き込みしてますし、レオパレスLPオーナー会と検索するとレビュー欄にも記載してるので見てみてください。

愛知県小牧市 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA