小規模マンションオーナーの日記


7月 23, 2019

大東建託役員の報酬がこんなにも高額だとは・・


花画像

役員報酬額がその企業の好調さを示す目安になる?

小規模マンションオーナーをやっていて、わかってきたことがあります。

それは賃貸住宅オーナーをやっているからといって、必ずしも生活が豊かになるというわけではないということです。

確かに家賃収入は入ってきますが、出る物件のためにかけるお金も半端ではないのです。

しかも経年とともに、家賃収入は細っていきますが、その反面、出るお金が細るということはありません。

むしろ出るお金のほうは増えていく傾向にあります。

そのようなさなか、建設会社の社員は比較的高給を得ていますし、役員となると驚くほどの報酬を得ている方もおられます。

例えば東京商工リサーチによる役員報酬の開示によると日本の企業の場合、1億円以上の役員報酬を得ている方は約500人となっています。

そして東京リサーチによると、1億円以上の役員報酬を最も多く得ている業種は、電気機器で、三菱電機、日立製作所、ファナック、東京エレクトロンといった会社の役員が1社あたり10~20名程度の役員が1億円以上の報酬を得ているとのことです。

その他にの役員報酬の多い企業としては三菱UFJ,三菱商事、三井物産などがありますが、意外と役員報酬1億円以上の役員数のベストテンに、住友グループがランクインしていませんでした。

本当に意外です。

アパート画像

賃貸最大手の大東建託設計施工管理のアパート。

ところで気になるのが建設業ですが、建設業からは2社ランクインしていました。

その2社とは

大和ハウス工業と大東建託です。

両社ともに1億円以上の役員報酬を得ている役員数は7~9人となっています。

その一方で、積水ハウスやレオパレス21、旭化成などは10位以内にはランクインしていませんでした。

それにしても建設業界において売上高がトップの大和ハウス工業の役員の報酬が高額なのは、なんとなくわかりますが、大東建託の役員報酬が高額とは・・。

それだけ大東建託が、効果的にビジネスを行い収益を上げているということなのでしょうか。

いずれにしても役員がこれだけの報酬を得ているということは、大東建託も当分は大丈夫というこなのでしょう。

ということはオーナーに支払われる賃料も会社都合で停止や減額されることはないということで、大東オーナーも多少安心ということなのかもしれません。

 

ところで役員の仕事といえば、会社のために知恵を出すことが仕事です。

報酬に見合うだけの知恵を出していただいて、社員やオーナー、入居者に恩恵がもたらされればと思うのですが。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA