小規模マンションオーナーの日記


4月 08, 2017

同じRC造りマンションでも遮音性は建物にもよって優劣がある?

Pocket

築古な文化住宅画像

遮音性のある賃貸物件に人気があり、昔ながらの木造住宅は敬遠されがち。

3月の中旬ですが、旅行会社の日本旅行から以前に比較的に大きな地震のあった鳥取への旅行振興のために1人あたり1万円の助成金がでる旅行企画のお知らせがありましたので、妻と2人で鳥取の皆生温泉に行ってきました。

妻と2人なので2万円の助成金がでることになり阪神地区からのJR新幹線、在来線の特急、そし朝食夕食つきの宿泊代すべてあわせても2万4千円程度と超格安の旅を楽しむことができました。

ところで宿泊先の皆生温泉の旅館ですが、食事と温泉については十分満喫させてもらったのですが、建物については?

というのも鉄筋コンクリート造りの5階建ての旅館ですが、大変古い建物で外観もかなり汚れが目立ってきています。

しかも部屋は和室ですが、隣部屋との壁が薄いせいか、隣部屋のテレビや人の声が明瞭ではないものの、よく聞こえてくるのです。

つまりは鉄筋コンクリート造りだからといって、遮音性が必ずしもよいわけではないのです。

昔、大阪梅田周辺では有名なビジネスホテルに宿泊したことがありますが、鉄筋コンクリート造りの立派な建物でしたが、部屋の壁が薄いせいか、隣部屋の電話の声がよく聞こえたことがあります。

有名なホテルでも、そのような事があるのかと思ったことがありましたが、今回の出来事はその出来事をも思い起こすものとなりました。

バラ画像

一般的にRC造りは遮音性に優れていると言われているが・・。

ところでネットで入居者のコメントなどをよく見ることがありますが、不満なてんで多い事柄の1つが、騒音つまりは賃貸住宅内の他の部屋から生じる音がうるさいというてんです。

なかには騒音トラブルで傷害や殺人事件にまで発展したケースもあります。

一方で私が今住んでいるのは、所有マンションにオーナー部屋を設けて過ごしていますが、正直言って騒音についてはほとんど悩まされたことはありません。

この物件大東建託設計施行の鉄筋コンクリート造りですが、隣部屋からは、ほとんど音が聞こえてくることはありませんし、下の部屋から、たまに多少の音が聞こえてくるぐらいです。

ということは大東建託設計施行の鉄筋コンクリート造りは遮音性に優れているということ?

絶対にそうだとは言えませんが、1つの参考情報になるかもしれません。

もちろん今の時代、アパートマンションの遮音性は他社も力を入れている事柄であり、積水ハウスなどの鉄筋コンクリート物件も遮音性が良いのかもしれません。

しかし最も確実なのは現入居者さんに、その物件の遮音性についてどう思っているかとうてんを聞いてみることなのかもしれません。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA