小規模マンションオーナーの日記


4月 19, 2020

退去者がゴミ置き場に不法投棄して去ってしまった どうなるの?


春の時期、この時期は引越シーズンです。

入居する方もいれば、退去していく方もいます。

私の小規模マンションでも先日のこと、引越していきましたが、問題が発生。

引越のさいにでるゴミを大量に私の小規模マンションのゴミに投棄して行ってしまったのです。

もちろん投棄されたゴミの多くは、翌日の自治体によるゴミ回収で回収されるものですが、しかし一部のゴミは回収の対象にならないものもあります。

まさに

不法投棄

そして

逃げ得

です。

これまでの退去者のほとんどは引越のさいにでるゴミの処理をきちんとして退去されていたのですが、今回はマナーの悪い退去のケースとなってしまいました。

ところでこのような場合に対処策はあるのでしょうか。

このてんでホームズのウェブサイトの「トラブルになる前に知っておきたい!粗大ごみの出し方とマンションで起こりがちな問題」という記事には

現時点でマンションの敷地内でゴミの不法投棄を発見したら管理会社に連絡し、張り紙や警告文の配布をしてもらいましょう。

引用:https://www.homes.co.jp/cont/living/living_00404/(アクセス日2020/3/31)

と書かれています。

ですからまずはその件について、とにかく管理会社に連絡することです。

そこで私も管理会社の大東建託パートナーズに連絡することにしました。

今後の展開の希望としては、大東建託パートナーズが退去者に連絡して、回収されないゴミを退去者に引き取ってもらう。

しかし頑なに、退去者が否定したり拒否したりするならば、今後、回収にかかるであろう費用を、何らかの手段で退去者に強制的に支払ってもらうというシナリオです。

穏便なシナリオとして退去者が、大東建託パートナーズから連絡を受けたのちに速やかに引き取ってもらのが望ましいのですが、そのようになるかどうか・・。

退去者が、あのゴミは自分が出してものでないと、嘘をとおそうとするならば厄介なことです。

それで不法投棄をして退去した者が逃げ得になってしまうということは一番避けたいシナリオですが、そのなる可能性も高いです。

となると大東建託パートナーズが不法投棄されたゴミの処理のための手間と費用をかけることになるのかもしれません。

それにしても自己中な、望ましくない入居者が私の小規模マンションに居たものだと嘆くばかりです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA