小規模マンションオーナーの日記


11月 06, 2016

平均年収がトップクラスの大東建託

Pocket

バラ画像

できる社員には高額報酬が期待できる大東建託。

以前のブログ記事で建設業界における売上上位企業について書いたことがあります。

1位が大和ハウス工業。

2位が積水ハウス。

3位~6位は大手ゼネンコン。

7位が大東建託。

 

引用:ユーレット業績ランキング

という順位でした。

大和ハウスは賃貸、分譲マンション、戸建て住宅、商業施設、海外事業と特に際立った分野はないものの、どの分野でもまんべんなくそこそこの売上があり、総合的な売上でトップ企業になっています。

ところで平均給与ランキングというものもあります。

このランキングによると大東建託の平均給与は大和ハウス工業や、積水ハウスよりも高水準です。

具体的には大東建託社員の平均年収は約900万円。

大和ハウス工業の社員は約880万円。

そして積水ハウスが約820万円となっています。(いずれもユーレット平均年収ランキングより)

なぜか大東建託社員のほうが、積水ハウスや大和ハウス工業社員よりも高給取りなのです。(多少ですが)

そして仕事の出来る大東建託社員がかなりの高給取りであることは、私も大東建託グループに物件を管理してもらって、社員と接するとわかります。

例えば今は大東建託のある支店の支店長をやっていますが、私の物件の建築を契約した営業社員ですが(父が契約したのですが)家族がおり、子供が5人以上いるという方です。

奥さんは仕事をしているわけではないみたいですが、しかしそれだけの家族を養っていくだけの収入を仕事から得ているのです。

アパート画像

大東建託設計施工管理の木造アパート。

しかし大東建託社員の給与水準が高いことには他の理由もあります。

それは社員の離職率が比較的高いことと関係しています。

給与が高いのに離職者が多いというのは矛盾しているようですが、大東建託は会社の体質として仕事の成績が上がらない社員は、会社に居残れない体質になっているのです。

このことは現職の大東建託社員が言っておられたので、事実のようですが、いわゆる「肩たたき」があり辞めざるをえなくなるのです。

ゆえに優秀な社員だけが残ることになり結果として給与水準も高いというわけです。

それがいいかどうかはわかりません。

外資系の会社では珍しくないのかもしれませんが。

ところでこうした体質は労働組合が強い企業では、あり得ないのかもしれませんが、私個人の意見としては企業間の競争が激しいなか、こういう体質もアリではないかとも思います。

もちろん辞めざるをえなくなった社員は気の毒だとも思いますが、なかには他社で数年働いてから再び大東建託に入って挑戦する方もおられるようです。

そして大東建託が、現在のような企業へと成長し、多くに入居者やアパート大家に影響を与えるようになったのも、社員には厳しい企業体質があったからこそではないかとも思います。

 

ところでグループ会社の大東建託パートナーズはどうなのかと思われるかもしれません。

大東建託パートナーズの場合は、大東建託と比較すると、悪くも良くもないといったところなのでしょうか。

例えば、大東建託のように年収が1000万円以上という方は、ほとんどいないと思いますが、仕事を真面目にこなしているならば、そこそこの給料で留まることができるでしょう。

また社員旅行や健康診断なども行ってくれるようです。

ただデメリットなてんとして転勤は必ずあります。

 

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA