小規模マンションオーナーの日記


3月 31, 2018

大東建託入居者が享受できる特典👍


アパート画像

大東建託設計施行管理のアパート。入居者には様々な特典が得られる。

管理戸数が100万戸以上の大東建託グループの管理物件ですが、入居者には様々な入居者向けサービスが提供されます。

すべてを取りあげることはできませんが、ここで幾つかを取り上げてみたいと思います。

その1つが

クラブオフサービスを受けることができるというてんです。

クラブオフといえば株式会社リロクラブが運営するサービスで大東建託が株式会社リロクラブと提携してサービスを提供しています。

私も昔は別の経路からよくクラブオフサービスを利用したことがあります。

特に一泊500円の宿泊サービスなどは、以前に何度も利用したことがあります。

さらにクラブオフのサービスとしてレンタカーの割引サービスなど、魅力的なサービスがあり、大東建託入居者であるならば、ネット上での手続きのあとクラブオフサービスを利用することができます。

さらに別の特典として

家具家電レンタルサービスも提供されています。

この分野ではレオパレス21がよく知られていますが、実は大東建託パートナーズ物件でも提供されています。

家具家電はテレビ、洗濯機、冷蔵庫そして電子レンジの4点で、新品4点のレンタルの1年の料金が70000円です。

そして2年間が76000円、3年間が82000円ですが、故障した場合の修理代は無料です。

仮に3年間4点セットをレンタルすると82000÷1095日=74.9

つまりは1日75円ということになりますから、これらの家電家具を買いそろえるよりも、かなりお得感があります。

花画像

大東建託物件に入居するならば、お得なサービスを受けることもできる。

ところで大東建託物件入居者向けの別の特典としては

大手の引越し業者で特別割引料金で引越しを行えるというてんがあります。

具体的にはアート引越しセンター、サカイ引越しセンター、引越社やその他の大手の引越し業者ですが。

とくに引越しが集中する時期になりますと、引越料金が割高になります。

さらに近年は慢性的な人手不足で、引越業者も人件費高騰に対応するために、引越料金の値上げ圧力がかかっています。

そういったなかで、幾らかでも引越し料金が安くなるというのは嬉しいサービスです。

このように今回は大東建託物件入居者が享受できる3つの特典について取り上げましたが、まだまだ他にも様々な特典があります。

管理戸数100万戸以上かかえる大東建託物件ならではのスケールメリットともいえる特典かもしれませんが、賢く活用していきたいものです。

 

追記:他にも様々な特典があるということですが、大東建託の物件から大東建託の物件へと引越す場合は、仲介手数料が0円になります。

ただしこの場合は、大東建託リーシングに仲介してもらった場合に限るかもしれませんので、要確認です。

他にも比較的新しい物件にもDKネットが設置されていて、インターネットを無料で利用することができる、お部屋もあります。

さらにスマホによる管理会社への連絡ができることや、スマホのみで更新手続きができること、退去手続きができることなどもあります。

どうしても積水ハウスのシャーメゾンや、大和ハウス工業のd-roomよりも劣っているというイメージのある方も少なくないようですが、コストパフォーマンスというてんでは、大東建託のDK SELECTのほうが優れているのではないかと思われます。

また遮音性については、どうしても木造アパートの多い大都建託の物件は不利になりますが、しかし遮音性を向上させる試みも行われていますし、どうしても遮音性にこだわるならば、大東建託の物件にもRC造りの物件も多少ありますので、そのような物件を選ぶこともできると思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA