小規模マンションオーナーの日記


4月 02, 2017

大東建託の株価がさえない


花画像

株式会社にとって株価の変動は経営に大きな影響を及ぼす。

2017年3月、大東建託の株価がさえません。

3月3日には690円安と4.3%も急落しました。

急落要因は2日の取引終了後に発表した2月度の月次業績速報で、受注高が前年同月比10.6%減の527億3800万円となり、5ヵ月連続で前年実績を下回ったことにあるようです。

また2016年4月から2017年3月までの受注高計画への到達がかなり厳しい状況になったことも売られた要因のようです。

この大東建託の株価ですが、この何年かは右肩上がりに上がり続けてきた優良株には違いないと思います。

リーマンショック後、2009年ごろに3000円ぐらいだった株価ですが、この頃を底に、ずっと上がり続けてきました。

2011年には5000円を突破。

2013年には7000円越え。

2014年には10000円を突破し2016年の秋に18000円を超え、最高額を記録した後、失速しはじめ2017年3月現在、15000円を割る手前まで下がっています。

一時は時価総額で積水ハウスを追い抜いた時期もありましたが、再び積水ハウスに追い抜かれたことでしょう。

2016年秋以降、何度か自社株買いも行っていますが、それでも下げ止まりません。

もちろん10年もたたないうちに株価が6倍にもなったわけですから、今は調整局面なのかもしれませんが。

アパート画像

完成間近の大東建託設計施工管理のアパート。

ところで大東建託グループ大家たちが大東建託の株に投資する大東建託オーナー持株会というものがあります。

私も大東建託の支店の営業社員から、加入を勧められたことがありましたが、株価は乱高下が激しいからと言って断りました。

実際のところ2017年3月に1000人以上のオーナーさんが加入されているようですが、意外と少ないように感じます。

というのも大東建託物件オーナーは8万人以上いますが、そのうちの1000人ということは、80人に1人しか加入していないということになるからです。

私も関心がないことはないのですが、資産をリスクにさらしたくないので加入しませんでした。

大東建託オーナーさんの多くも私と同じように、資産を手堅く活用したい派が多いのかもしれません。

それにしても2016年秋以降、大東建託の株を購入したならば大変な損失を被っており、そのようなオーナーさんは気の毒としか言いようがありません。

スポンサーリンク


2 thoughts on “大東建託の株価がさえない

  1. k9 より:

    こんにちは!受注が伸び悩み、株価のおもしになってるのは事実でしょうが、まだ少し高すぎると思います。個人的には13,000円くらいで妥当かなと思います(株素人ですが)。ビジネスモデルの転換が確立しないとジリ下げの可能性もあるかなと。オーナー持ち株会は、あの局面では高すぎてなかなか参加に踏み切れない人も多かったことでしょう。それでも参加した人に聞くと、今後の伸び期待より、配当の高さにひかれた人が多かったみたいです。自分はお金がないのでやってませんが(笑)。あと、前の記事ですが、100万個達成記念は、所有物件の内容にかかわらず、全オーナー一律の内容だそうです。うーん、納得いかんな(笑)。

    1. k64245288 k64245288 より:

      このたびもコメントありがとうございます。カタログギフトの件そうなんですね。教えてくださりありがとうございます。またよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA