小規模マンションオーナーの日記


10月 17, 2016

アパート経営で成功するためには

Pocket

賃貸アパート画像

大東建託設計施工管理のアパート。募集家賃は9万円~。

以前のブログでは、不動産投資のリスクについて、3つほどの記事を書きました。

不動産投資はあくまでも「投資」でありリスクが伴い、惨めにも失敗する可能性があります。

借り手がない、買い手がない、自己使用もできないとなると典型的な失敗といえるでしょう。

さらに融資を受けていたものの返済ができなくなってしまい、担保を失ってしまうならば、この投資は完全に終息することになります。

そのような事態にならないためにも不動産投資を行う前に抑えておくべきてんを取り上げてみたいと思います。

 

その1 借り手のニーズに合っている

そのためには賃貸部屋を借りる人のニーズが何かを知る必要があります。

例えば収益性の高い単身者をターゲットにするならばニーズが何か、仕事のためか大学に通うためかなどを考え、まずは立地場所が適当かどうかを考えます。

そして東京や大阪、名古屋といったビジネス街への通勤を目的として部屋を借りる方をターゲットにするならば、通勤に便利な場所、なるべく駅から10分以内の場所が適当ということになるでしょう。(ビジネス街へ通勤するサラリーマンのほとんどは自家用車でなく電車等の交通機関を利用します。)

将来的には駅から10分以上離れている物件は、今後のアパート増加の時代、空室問題に悩まされる可能性が高いと見ている専門家もおられますので、やめといたほうが良いでしょう。

また駅から10分以内でも、ショッピングや病院、飲食店が立ち並ぶような利便性のある場所でないならば、人が少ない閑散とした所であるならば、空室問題に悩まされるかもしれません。

花画像

借り手のニーズに合った住居であることが肝心。

他にも借りてニーズとしては防犯、防音といったことを求める方も少なくないので、こういった物件にすることも借りてのニーズに合ったものといえます。

 

その2 時代の流れに合っている

このてんも重要です。

そのためには時代の流れはどうなっているかを正確にとらえる必要がありますが、今後どのような地域に人が集まって人口が増える可能性があるか、インターネットの利用のためにどんな設備を整えたらよいかなど、いろいろと時代の流れに合った仕方で「不動産投資」を行うことができます。

このように簡単におさえておくべき2つの点を取り上げましたが、だからといって成功する保証はありません。

投資する前に、十分慎重な考慮を払って投資することを、おすすめいたします。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA