小規模マンションオーナーの日記


8月 09, 2018

DK SELEKTネットは本当のところお得なのか?

Pocket

花画像

インターネット無料物件が増えてきた。

いい部屋ネットの大東建託のサイトから入居募集物件を見ていきますと、幾つかの物件で、インターネット無料物件があります。

大抵は築年数がとても浅い物件なのですが、大東建託物件のインターネット無料物件、大東建託独自で提供しているDK SELECTネットが装備されている物件です。

しかもDKSELECTネット、レオパレス21のレオネットのように「速度が遅い」といった評判もあまり聞きません。

2016年ごろの大東建託物件から標準装備されているようですが、「インターネット無料」サービスが提供されている物件ということで入居斡旋には大きな力となっていることでしょう。

残念ながら私の物件は、新しくないので、大東建託物件でもDK SELECTネットは装備されていません。

ところで入居者からすると「インターネット無料」はとても魅力的に思えることでしょう。

しかし冷静に考えてみると「インターネット無料」は必ずしもお得ではないと言える幾つかの理由があります。

そこでその理由を以下で取り上げていきます。

 

それでは早速ですが、その理由の1つ目ですが「インターネット無料」といっても、そうでない物件よりも

家賃が数千円高く設定されている

可能性があります。

例えば全く同じ様式のお部屋でも、インターネット無料のお部屋は家賃が¥63000円、そうでないお部屋は家賃が¥60000円といった感じです。

アパート画像

完成間近の大東建託設計施工管理のアパート。

つまりはインターネット代金は結局のところ、上乗せされた家賃という形で支払っていることになるのです。

 

さらにDKSELECTネットの場合は、

ひかり電話のようなサービスはない

つまりは固定電話をお部屋に設置する場合はNTTなどと契約して設置しなければならないというデメリットがあります。

ひかり電話が¥500円~、それに対してNTTと契約して固定電話を設置するとなると¥1600円~かかります。

つまりは固定電話設置となると、ひかり電話よりも¥1000円以上高くなるのです。

 

そしてDKSELECTネットサービスを利用するならば、ドコモ光などのような

スマホと光回線をセットにした割引サービスを利用

できなくなってしまいます。

とりわけスマホのヘビーユーザーの場合は光回線とのセットで、かなりの割引を得ることがです。

場合によれば実質、こちらのサービスを利用したほうが、かかる料金が安くなってしまう場合もあることでしょう。

 

以上、DKSELECTネットがお得とはいえない幾つかのてんを取り上げましたが、

このようにして冷静に考えてみると「インターネット無料」物件という文句に惑わされないようにしなければなりません。

 

しかしそれでも空室を埋めていくうえでは「インターネット無料」の宣伝の効果は大きいのでしょう。

 

追記:DKネットですが、新しい大東建託のアパートは標準装備となっていますので、今後ますます大東建託グループの物件において、DKネットが装備されている物件の比率を増えていくものと思われます。全体的にはスピードそのものは遅くはないようですが、開通工事等でのトラブルは幾らかあるようです。しかしこうしたトラブルも時の経過と共に改善されていくことと思われます。

スポンサーリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA