小規模マンションオーナーの日記


4月 16, 2017

大東建託ワランティサービス トイレ設備編


大東建託パートナーズのワランティサービスに2015年11月に加入してから1年半になろうとしますが、正直のところ、ほとんど活用することがありませんでした。

この1年半の間、活用したのはエアコンの不具合修理、給湯器の電気系統の故障、換気扇の交換ですが、すべて私たち家族が使用しているオーナー使用部屋の設備のみです。

どう考えても、毎月支払っているサービス料のもとがとれてない状態です。

まあ今後、エアコンや給湯器の故障が相次ぎもとがとれるようになるのかもしれませんが。

花画像

大東建託とのスタンダードプランでの一括借り上げの場合は、ワランティサービスに加入して設備故障の保証を得ることができる。

ところで最近、大東建託パートナーズのマイサービス(大東建託物件オーナー向けのネットサービス)を見ていると、ある部屋のトイレの設備工事と表示がありました。

費用負担は大東ワランティサービスとなっていました。

いったいどんな修理工事だろうかと関心がありましたので、入居者と会った時に、聞いてみようと思っていました。

そして、ある時お会いした時に、声をかけ「お部屋のトイレが壊れたんですね」と尋ねてみました。

すると「ウォッシュレットの便座が全然、温かくならなかったので見てもらったら、交換修理をする必要があるとの言われました」とのことでした。

アパート画像

大東建託パートナーズ管理の木造アパート。

大東ワランティサービスはトイレ設備の修理も保証対象になりますが、今回のウオシュレットの便座の交換工事費用も対象になるということがわかりました。

おそらく修理費用は数万円程度かと思いますが、ワランティサービスのおかげで無料となりました。

ところで大東ワランティサービスが活用された場合に、大家が知ることができるのはオーナー向けマイページを見たときのみ知ることができます。

しかも修理工事が行われ、大東ワランティサービスが活用されたということを知ることができるのみです。

さらなる具体的な工事内容や修理費用までは知ることができません。

大家としては知りたいものですが。

ところで以前、大東建託パートナーズの担当者が言われていたのですが、修理が必要になるのは築12年以上になってから増えてくると言われていました。

中途解約をすれば、再び加入できない大東ワランティサービス、今後の修理増大のためにも辞めずにとどまりたいと思います。

 

追記:このトイレのウオシュレットの修理費用ですが

約7000円~14000円程度のようです。

さらに上記のように便座が温まらない等の便座の修繕費用は約17000円~33000円となっています。

ですから安いというわけではありませんが、高額な修繕費用が求められるというわけではありません。

大東オーナーの場合は、フルパッケージプランのオーナーさんの場合は、この修繕費用は大東建託パートナーズ負担となりますし、スタンダードプランのオーナーさんでも、ワランティサービスに加入しているならば、大東建託パートナーズ負担となります。

ですから大東オーナーさんの大半は、このようなケースの場合に修繕費用を負担することはありません。

また大東建託パートナーズ管理の物件入居者の場合は、オーナーさんに気を使って、修繕を申し出るのを遠慮する必要はありません。

おそらくは、ほとんどの場合は、オーナーさんが修繕費用を負担することはありませんので。

それにしてウオシュレット、大東建託物件の多くで設置されていますが、故障することもあるものです。

故障した場合は、遠慮なく修繕を申し出ましょう。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA