小規模マンションオーナーの日記


8月 08, 2016

気楽な賃貸暮らしのメリット


アパート画像

管理戸数100万戸以上の大東建託設計施工管理のアパート。

この10年から20年、分譲マンションを買ってマンション暮らしを始めた方も少ないないと思います。

たしかに老後はマンション暮らしのほうが良いということで、分譲マンションを買って過ごしている方も少なくありません。

一方で分譲マンション暮らしのリスクも明らかになってきて、マンションを買うだけの資力や収入があっても、あくまでも賃貸住宅暮らしをする方もおられるようです。

では分譲マンション暮らしにはどのようなリスクが伴うのでしょうか。

まずはマンションは基本的には共有部分があり、共有部分は管理組合が主体となって管理業務を行います。

そこで入居者は管理費や修繕積立金を毎月支払って管理業務を支えることになります。

そして入居者は輪番で管理組合の理事の役職を行うこともありますが、問題は管理組合といっても結局は好き嫌いのある入居者の集まりで、意見の違いなどから、いさかいが生じることがあります。

ひどい場合は裁判沙汰になることもあるようです。

仲違いしながら同じ建物に住むことにストレスを感じることになるかもしれません。

しかし賃貸物件には管理組合などなく、そのような問題が生じることはありません。

花画像

柔軟に問題に対処できる賃貸暮らしを好む人も少なくない。

さらに問題となるのは、管理規約に違反する入居者の存在です。

いわゆる迷惑な入居者です。

このような入居者が迷惑業務をやめてくれればそれでいいのですが、あくまでもやめない場合が大変です。

というのも現法の区分所有法では、こういった方々に迷惑業務をやめさせたり、所有権自体を取り上げるのは難しいのです。

このてん賃貸暮らしは同じ建物の迷惑行為に悩まされるならば、すぐに引っ越すことができるというメリットがあります。

さらに分譲マンションの問題として、最近持ち上がっているのが建物の老朽化や明らかな欠陥建築で建て直しをする場合、事がスムーズに進まないという事があります。

というのも現法ではマンション所有者の5分の4以上の賛成がないと建て直しができないのです。

賃貸暮らしの場合は老朽化したアパートマンションから引っ越せば済むことですし、時代のニーズにあった最新の設備が整ったマンションに引っ越すことができるのではないでしょうか。

このように融通がきく賃貸暮らしには多くのメリットがあります。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA