小規模マンションオーナーの日記


8月 06, 2022

地方に物件を持つことのリスク 維持管理が大変 後継ぎがいない・・

海画像

ここしばらく分譲マンションブームのようなものが続いてきましたが、最近は多少陰りが生じているようです。

というのもマンションに住むことの様々なリスクが意識されるようになったことがあるからかもしれません。

例えば修繕積立金、当初は1~2万円だったのが、突然3~4万円に上がったとか、同じマンションに迷惑な住人がいて困っているが、どうしようもないといった事があるかもしれません。

さらには理事会のメンバーに加わりたくない、マンションの規約が厳しくて窮屈だなど様々なリスクがあります。

それなら家を買えば良いじゃないかとなるかもしれません。

もちろん持ち家を持つことにはマンション暮らしにないメリットが多々あると思います。

特に広々とした住宅に住みたいならば、

田舎の中古の住宅を改修して田舎暮らしを楽しむことも

できると思います。

実際のところ人口減少に悩む田舎に比較的若い世代が移住するならば自治体をあげて歓迎してくれることでしょう。

しかし、すべてがバラ色、リスクがないわけではありません。

私の妻の実家が田舎にあるので、そこで感じていることをあげていきますと

まず第一に田舎の家は広くて住みやすいのかもしれませんが、当然、時とともに傷み修繕が必要になっていきます。

(さらに…)

6月 07, 2022

マンションの騒音問題 外からの騒音も気になることがある

コスモス画像

夏の一時、用事で市街地にある、大規模な分譲マンションを訪れました。

このマンション、水と緑をテーマにしたマンションで敷地内には噴水やまたたくさんの緑の木が植えられています。

しかしこの時期、蝉の鳴き声がスゴイです。

1つの木に数匹いるのかもしれませんが、その蝉の大合唱です。

ここまでくると騒音としかいいようがありません。

特に近年、市街地の蝉の多くは大型のクマゼミでしかも大声で鳴きうるさいのです。

まだミンミンゼミならばカワイイ鳴き声でいいのですが・・

ところでこの蝉の鳴き声、マンションの部屋ではどのように聞こえているのでしょうか。

最近は防音にも配慮された物件が多くなっているとは思いますが、窓を開けているならば、まる聞こえです。

 

外からの騒音も問題となりうる

騒音といえば集合住宅では上の階がうるさいといった集合住宅内でのトラブルがしばしば生じます。

しかしその場合は入居者同士の話し合いや管理会社を通して解決を図ることができます。

しかし外からの騒音となると簡単に解決できるわけではありません。

建物そのものも防音効果のあるものになっていますが、それでも100%遮断できるわけでもありません。

まして夏の時期など窓を開けているならば外の騒音はまる聞こえです。

(さらに…)