小規模マンションオーナーの日記


3月 23, 2019

大東建託パートナーズの問い合わせ窓口の変更!!


花画像

大東建託パートナーズのコールセンターが統一された。

3月になって、私の所有マンションの掲示板に大東建託パートナーズからのお知らせが掲載されていました。

内容は、お問い合せ先窓口変更のご案内というものです。

そしてその内容は入居者向けのもので、お問い合わせ電話番号の変更というものでした。

最近はDK SEKECTアプリからも、入居者が大東建託パートナーズに連絡したり問い合わせたりすることができますが、電話からでもそうすることができます。

なかにはスマホ操作が苦手な方もおられると思いますので、電話で問い合わせが行えることは良いことだと思います。

さらに緊急に対応してほしい事柄があるならば、電話で連絡したいと思うことでしょう。

以前に停電になった時に、玄関のオートロックが開錠できないというトラブルが発生したことがありましたが、数人の入居者さんが、開錠できないので建物の中に入れないという連絡を携帯電話から大東建託パートナーズの支店に連絡されたことがあったようですが、大東建託パートナーズの担当支店の電話番号を携帯に登録していたので対処することができたという事例があります。

ところで今回の電話番号の変更についてですが、これまでは大東建託パートナーズの担当支店に電話することになっていたのが、フリーダイヤルの「いい部屋サポートセンター」に変わるとのことです。

賃貸アパート画像

大東建託設計施工管理の木造アパート。

この変更での入居者さんのメリットは、引越してもこれまでのように大東建託パートナーズ管理の物件ならば、問い合わせ電話番号が変わらない、そして固定電話から電話するならばフリーダイヤルで電話することができるというてんがあります。

ただし携帯電話から電話する場合は、フリーダイヤルではありませんし、登録している番号を今回は変更しなければならないでしょう。(今後は変更する必要はありませんが)

 

ところで今回の変更の事情にある事柄は、どうやら大東建託パートナーズの業務の効率化にあるようです。

つまりは大東建託パートナーズの支店の窓口を閉鎖して、問い合わせ窓口を一か所に集約し効率化を図ることにあるようです。

このことで支店業務の縮小を図り、より重要な業務に労力を振り分けることができるようになります。

人手不足時代が、しばらくは続きそうな昨今、必要な変更だったのかもしれません。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA