小規模マンションオーナーの日記


4月 20, 2017

小規模保育園は物件にメリット?


空テナント画像

空テナント解消に小規模認定保育園は吉報なのだが・・

以前のブログで書きましたが私の所有マンション1階テナントで小規模認定保育園の設置が決まりいよいよ2017年春に開園となりました。

当初は空テナントに入居事業者が決まったということで喜んでいたのですが、冷静になってみるといろいろと不安な事柄もあることがわかってきました。

そのひとつが保育園=騒音という問題が生じるのではないかという不安です。

地区によっては保育園開設の理解が周辺住民から得られずに、開設を断念した事例もあるようです。

保育園児の泣き声がうるさいといったことが原因のようですが、私の周辺近所はアパートマンションが多く、さほどうるさく苦情を言う地元の住民はさほど多くないので、このてんは問題がなかったようです。

ただ心配なのは、同じマンションの2階ないしは3階の入居者にうるさがられないかという心配はあります。

なかには夜勤をしている入居者もおられるので、うるさいがために退去されることはないかと考えてしまうこともあります。

消極的な面はこういった事柄ですが、一方で開設準備が進むにつれてメリットともいえる事柄も見えてきました。

メリットといえる1つのてんは、1階テナントが空状態だと、マンションそのものが、殺風景に見えるのが、事業者が入居することによって見栄えがよくなったように感じることです。

バラ画像

保育園が入居すると、物件の外観がよくなる。

とくに保育園となると、外側には花を植えて飾ったりと、こぎれいに外観をよくします。

殺風景だった外観がとてもよく見えるようになりマンションの価値そのものが向上したような感もあります。

さらに1階テナントに保育園が入るメリットとしては、防犯上メリットがあるように感じます。

空テナントだと勝手に中に入られたりする心配がありましたが、保育園となると民間のセキュリティーサービス会社とのセキュリティサービス契約にも加入し、幾らか安心です。(以前の事業者が入居していた時に事務所荒らしに入られたことがあります)

そして小規模保育園が入居するメリットの別の側面は、入居してくださる保育園の園長さんや保育士さんが大家にはとても愛想よくしてくださり、気持ちよく交流がもてるというてんです。

子供の泣き声による騒音は幾らか心配ですが、しかしメリットも多々あることに気づき、末永く入居してくれればと希望しています。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA