小規模マンションオーナーの日記


11月 11, 2017

大東建託創業者 多田勝美氏が日本の資産家一覧にランクイン


バラ画像

創業者が資産の多さでランクインすることはしばしば生じる。

創業者として多くの方が知っているのが、松下幸之助かもしれません。

松下幸之助といえばパナソニックを一代で築き上げた創業者ないしは経営者です。

当初は5人ほどでソケット製造販売に着手したのが始まりといわれていますが、それからどんどん事業拡大していったといわれていて経営の神様ともいわれた方です。

実はかなり昔に私の母が三和銀行夙川支店に勤めた時代に、松下幸之助のお手伝いさんがよく銀行に来られていたそうで、株式の配当金などがさすがにすごかったと母は言っていました。

ちなみに松下幸之助の死亡時遺産総額は約2450億円で、日本で最高とされています。

ところで当時の松下幸之助の資産は相当なものでしたが、今ではそれをはるかに凌ぐ資産家が相次いでいます。

アメリカの経済誌フォーブスによるとユニクロを展開するファーストリテーリングの柳井正さんの資産は146億ドル(2016年)なんだそうです。

146億ドルというと1ドル100円で計算すると1兆4600億円ということになり、松下幸之助の死亡時の資産2450億円をはるかに超えています。

ちなみに2位以下は

2位 ソフトバンク社長 孫正義 117億ドル 1兆1700億円

3位 キーエンス会長 滝沢武光 72億ドル 7200億円

4位 楽天社長 三木谷浩史 56億ドル 5600億円

5位 森トラスト社長 森章 49億円 4900億円

となっています。(フォーブスによる)

賃貸アパート画像

賃貸住宅最大手の大東建託設計施工管理の木造アパート。

これらベスト5に入っている資産家の経営する会社はいずれもそれなりの収益を上げてきた会社で、それが社長や創業者の資産へと反映されてきたものと思われます。

ところでこのフォーブスの資産家一覧のなかに大東建託の創業者である多田勝美さんが16位にランクされています。

資産額は16億ドル(約1600億円)で松下幸之助にはおよばないものの、しかしそれにしても凄い資産額です。

今は既に大東建託の経営にはかかわっておられないそうですが、愛知県のとある建設会社をここまで一代で発展させた経営手腕はやはりそれなりに評価されるべきであり、それなりの資産を有していても不思議ではないのかもしれません。

そもそも多田勝美さんは大東建託の発行済み株式の約3割をかつて所有しており(現在売却済み)右肩上がりで上がり続けていた大東建託の株式を3割も所有していたゆえに、それだけの資産をもつに至ったと考えることもできます。

なかには大東建託社員が血眼になって働き、さらに大東オーナーさんにもギリギリの経営を強いられてるオーナーさんがいるなか、多田勝美さんの報酬はよすぎるのではないかといった批評もあるようです。

しかし多田勝美さんもユニクロ社長さんや孫さんの総資産よりも10分の1以下にすぎないということを考えてみると、そういえないのかもしれません。

いずれにしても大東建託が成功した創業者の会社であり、その会社とかかわっていると積極的にみなすことができるのかもしれません。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA