小規模マンションオーナーの日記


12月 31, 2020

大東建託の情報誌Go.Ro.Neは女性入居者に人気がある


先日のことですが、大東建託パートナーズによる定期清掃員によるマンション内清掃が行われたのちに、1階の集合ポストに、消防定期点検のお知らせの用紙と、大東建託の情報誌のGo.Ro.Neが投函されていました。

残念なことに一部の入居者が、消防設備点検の用紙のほうを不要チラシ入れに捨てていました。

消防設備点検は、半年に1度行われている、重要な行事ですが、全く協力する気がない入居者がいるのは残念なことです。

その一方で、大東建託の情報誌Go.Ro.Neのほうは捨てられていなかったので、どうやら持っていったようです。

賃貸アパート画像

大東建託設計施工管理の木造アパート。

ところで私の小規模マンションは大東建託パートナーズ管理の建物で、入居者は女性入居者の多いマンションです。

なので、消防設備点検の用紙のほうは捨てておきながら、Go.Ro.Neのほうは捨てずに持っていったのは女性入居者と思われます。

実際のところ私も、不要チラシ入れをチェックして、どんなものが捨てられているかをチェックしていますが、残念なことに消防設備点検のお知らせの用紙は、しばしば捨てられているのを見ることがありますが、その一方で大東建託の情報誌Go.Ro.Neのほうは、捨てられているのをあまり見かけることはありません。

そして私の部屋にも投函されていますが、私のほうは、この情報誌Go.Ro.Neをほとんど見ることはありませんが、妻のほうは見ているようです。

それでこの情報誌は、女性向けの情報誌のようで、女性の興味をひく内容になっているようです。

例えば最新のGo.Ro.Neの内容は

◇Vol.44 2020年冬号
①特集「おいしく食べて免疫力を上げる」
②コラム「野菜をおいしく保存する」
③レシピ「牛肉とごぼうとまいたけの炊き込みごはん」
④Go.Ro.Ne.Time MOVIE×BOOK「健やかな日々 いとおしい時間」
⑤DK SELECT進化する暮らしアプリ「まいにちがアプリの日♪」
⑥with ぼ・く・ラボ「日々の暮らしに防災を」
⑦賃貸住宅ライフQ&A
⑧オトコの身だしなみ「眉毛を整える」
⑨お客さまの声をご紹介
⑩読者プレゼント
⑪DKモバイル広告

となっていて、明らかに女性向けの内容となっています。

その一方で男性入居者には、あまり関心がない内容なのかもしれませんが、しかし女性入居者の心をつかむことのできる内容ならば、大東建託としてもこの情報誌の提供は効果があるということになるのではないでしょうか。

以前に読んだことのある不動産本に入居斡旋においては、とにかく女性の心をとらえることが重要とのことが書かれていました。

ということで入居率の向上において効果があるのならば、この情報誌の存在価値はあるということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA