小規模マンションオーナーの日記


10月 31, 2021

大東建託パートナーズが入居者向けの新しいアプリをリリース


大東建託パートナーズの入居者向けのアプリといえば、DKセレクトです。

大東建託パートナーズ管理の賃貸住宅の入居者であるならば、だれもが利用できる便利なアプリです。

大東建託パートナーズ管理のアパート。

ところで大東建託は、大東建託パートナーズによる、新しいアプリをリリースしました。

このアプリは、賃貸物件の入居者向けにくらしにまつわる情報を配信するウェブサービスです。

具体的にはライフイベントに合わせたサービス紹介やクーポン配信のほか、管理会社への問い合わせ、そして連携が可能な自治体への手続きの一部も申請できる仕組みを順次拡大していくようです。

このように賃貸住宅にまつわるサービス全般に事業を広げることを目的としたアプリです。

そしてこのアプリのサービスを2021年11月8日から始めるとのことです。

 

今回のアプリの特徴としては、自治体への手続きも、このアプリを通して行うことができるというてんです。

もちろん連携のできる自治体のみで、しかもすべての手続きが行なえるというわけでもありませんが、しかし自治体の手続きは、通常は面倒で時間もかかりますので、このアプリで簡単迅速に行うことができるようになれば、とても助かります。

さらに別の特徴としては、これまでのDKセレクトアプリは、大東建託パートナーズ管理の物件に住む入居者のみのサービスでした。

なのでアパートやマンションの大東オーナーであっても、その物件の入居者でなければ、DKセレクトアプリを使用することはできませんでした。

しかし新しいアプリは、使用できるのは大東建託パートナーズの物件入居者限定ではないので、大東オーナーも利用できます。

そして大東建託パートナーズ管理の物件以外の賃貸住宅入居者も、もちろん利用できます。

 

ところで大東建託としては、これまでのDKセレクトアプリも当分は併行して利用できるようようですが、DKセレクトアプリユーザーが、新しいアプリへと移行していくように促していくようです。

それで将来的には、DKセレクトアプリのほうは廃止となり、新しいアプリが大東建託グループの統一されたアプリになるのかもしれません。

アプリのほうも、たくさんあるよりも、1つにしてくれたほうがユーザーも使い勝手が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA