小規模マンションオーナーの日記


9月 17, 2019

大東建託は修繕費でオーナーからぼったくってはいなかった


以前に書いた記事

大東建託が勝訴 ダイヤモンド社を訴えて

では、週刊ダイヤモンドが、「大東建託現役社員が悩む、オーナー泣かせの建物管理」という記事で、大東建託がオーナー泣かせな管理を行っているとの批評に、大東建託が訴訟を起こし、大東建託側の言い分が、ほぼ認められたてんについて、産経新聞の記事をもとに書きました。

あれからしばらくして大東建託のニュースリリースにもそのことが取り上げられました。

2019/9/2の「株式会社ダイヤモンド社に対する勝訴判決のお知らせ」のなかでですが、この文章をじっくりと読むとオーナーとしては安堵できるようなことが書かれています。

例えば

2018年11月末現在の外壁塗装工事実施状況からは、大東建託パートナーズ株式会社が修繕費用を 負担するフルパッケージ契約物件では、建物オーナーが修繕費用を負担するスタンダードプラン契約 物件と比較して修繕が少ないとする本件記事とは、反対の修繕状況にあることがうかがえる。

引用:https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2019/aqehc4000000c8k1-att/diamond_hanketsu_0902.pdf(アクセス日2019/9/3)

と書かれています。

アパート画像

大東建託パートナーズ管理のアパート。

つまりは、外壁塗装工事の状況では、現実にはスタンダードプランの建物よりもフルパッケージプランの建物のほうが、修繕割合のようなものは、フルパッケージプランのほうが多いというのです。

つまりは、フルパッケージプランの建物の修繕を極力抑えて、スタンダードプランの建物の修繕は積極的に行っていると主張するダイヤモンド社の記事は、全くのデタラメだというのです。

私の建物もスタンダードプランの契約ですが、そのてんはわかります。

大東建託パートナーズは修繕に積極的ではありません。

さらに

証拠からは、大東建託パートナーズ株式会社が建物オーナーに対し、一般的な発注額に比べて不当に 高額な請求をしているとは認められない。

とも書かれています。

つまりは大東建託パートナーズのオーナーに請求する修繕費用は、一般的な発注額に比べて不当に 高額な請求をしているとはいえないとも書かれています。

実際のところ、大東建託の修繕費用は高いと言う意見もあれば、〇〇建設よりも安くていいよ、といってくれた大東オーナーさんもおられます。

様々な意見がありますが、裁判所の見立ては、不当に高額ではないということのようです。

 

一方でダイヤモンド社の記事については

記者は、当社の現役・元社員と称する者から事情を聴取して、その客観的裏付けを取らずに、その聴取 事項をほぼ唯一の証拠として本件記事を作成したといわざるを得ない。

と書かれていて、お粗末な取材であったと指摘しています。

結論としては

本件記事の重要部分が真実であるとはいえない。(信じるに相当な理由が存在したとはいえない)

ということで、信頼できる記事ではないと述べています。

 

それにしても週刊ダイヤモンドといえば、東洋経済誌とならんで、権威ある経済誌と思っていましたが、今回の事例は本当に残念なことでした。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA