小規模マンションオーナーの日記


12月 01, 2020

ソフトバンク系の米ファンドの貸出金利が驚異の14.5%?

賃貸アパート画像

事業者にとって銀行からの借入金は必須なものです。

私も小規模マンションオーナーですが、銀行からの借入金があります。

そして銀行とは上手につきあい、不動産賃貸業を安定させたいと考えています。

ところで銀行からお金を借入れると、ローン金利がかかりますが、不動産賃貸向けの場合では、今は0~3%ぐらいではないでしょうか。

変動金利で借入れているならば1%前後も珍しくないのではないかと思います。

賃貸アパート画像

レオパレス21のアパート。

ところで、経営破たんの危機に直面したレオパレス21ですが、ソフトバンク系の米ファンドの資本投入により、経営破たんは回避できました。

しかし米ファンドも、巨額の資本を投入したからには、その見返りを求めてきます。

その見返りとは何でしょうか?

このてんで財経新聞2020/11/27には「ソフトバンクG傘下企業が「レオパレス21」に求める14.5%の貸出金利、支援と呼べるのか?」という衝撃的なタイトル記事が掲載されていました。

その記事によると、レオパレス21は総額572億円の拠出を受けたものの、そのうち300億円は新株予約権を付した融資となり、その金利は14.5%だというのです。

個人の賃貸住宅オーナーで、アパートローンの金利が14.5%だとすると、おそらくは家賃収入の多くが金利分の支払いにあてられることになり、賃貸住宅経営は火の車状態になってしまいます。

(さらに…)

2月 20, 2020

消費増税とコロナウィルスショック 当分はローン金利は上がらない

花画像

消費税が2019年10月より8%から10%に上がり数カ月が経過しました。

消費税が上がると、しばらくは消費が鈍り、経済が停滞するというのが、これまでのパターンとなってきました。

ところで今回は軽減税率や、5%の還元処置などの施策によって、消費増税が実施されていて、実感的には、あまり負担増感は感じてはいいなかったのですが、実際の経済状況はどうなっているのか多少の関心はありました。

実感的には経済へのダメージは少ないのではないかと考えていましたが、しかし実際は・・

ヤフーニュース2020/2/18の「10~12月期GDP、年6.3%減 増税が響き1年3カ月ぶりマイナス成長に」という記事には

内閣府が17日発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比1.6%減だった。仮にこのペースが1年続いた場合の年率換算は6.3%減。5四半期(1年3カ月)ぶりのマイナス成長となる。昨年10月の消費税引き上げが影響した。マイナス幅は前回の消費税引き上げ時の14年4~6月期(1.9%減)よりは小さかった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000507-fsi-bus_all(アクセス日2020/2/18)SankeiBizより

と報じました。

(さらに…)

5月 18, 2019

少なくとも来年春まで金利は上がらない!!


白いコスモス画像

日銀の金融政策には注視する必要がある。

アパートマンションオーナーの収支に影響及ぼす事柄の1つに金利があります。

というのも多くの場合、銀行などから融資を受けているので、金利の上下によって大きな影響を受けることがあります。

ところで固定金利で融資を受けているならば、金利の変動の影響を受けることはありませんが、変動金利で融資を受けているならば金利の変動の影響を受けることがあります。

しかし変動金利で融資を受けることのメリットは、なんといっても通常は固定金利よりも低い金利で融資を受けることができるというてんがあります。

しかしその一方で、変動金利の怖いところは、金利が上昇すると、ローン金利が固定金利よりも高くなる可能性があるというデメリットがあります。

ですから明らかにデフレ状態が続くような場合は、金利が上がるということは考えにくいので、変動金利で融資を受けていても、おそらくは大丈夫ですが、景気が上向いて金利に上昇圧力がかかるようになると、変動金利から固定金利の融資へと変更しておくのが無難です。

ところで最近の状況はというと、景気拡大にやや陰りが生じているといった感じです。

10月には消費増税が予定されていますし、失速気味の中国経済に足を引っ張られている企業も多々あります。

(さらに…)

5月 04, 2019

ローン金利にこだわるのもオーナーの重要業務!!


花画像

金利も賃貸住宅経営に大きな影響を及ぼす。

シノケングループの物件オーナーさんのほとんどは、破産することなく、アパートオーナーをやっていけると言われています。

その要因の1つは銀行からの借り入れ金利が低く抑えられているということがあるようです。

シノケングループの場合は、提携している銀行から、しかも変動金利での融資による賃貸住宅経営になるゆえにオーナーさんの毎月の銀行への返済額が軽減され結果として、オーナーさんはあまりお金に困るということはないようです。

その一方で、かつては不動産融資で、急成長したスルガ銀行は、融資の審査はかなり甘かったようですが、その反面、金利は4%以上とかなりの高金利で貸していたようです。

こんなにも高いと、毎月の返済額だけでも大変だったでしょう。

ですから最初はスルガ銀行で借り入れて、返済実績を積み上げてから、金利の低い他行に借り換えするというのが、スタンダードな方法になっているようです。

実際にアパートローンでも、金利の低い金融機関ならば金利が1%前半(変動金利)というのも珍しいことではありません。

さらには都銀となると金利交渉を行うことによって、変動金利で0%台で借り入れることも、可能です。

例えばどれぐらい差がでるかについて具体例をあげてみますと

8000万円を30年を借り入れるとします。

(さらに…)

4月 06, 2019

金利上昇リスクが当分は遠のく👍


 

花画像

最近はローン金利が下がる傾向にある。

日本経済新聞のサイトを開きますと、長期金利の指標が表示されています。

この長期金利の指標、10年物国債の金利なんだそうですが、以前はプラス圏で推移していたのが、最近はマイナス圏、つまりはマイナス金利で推移しています。

日本銀行は、0%前後に誘導する方針なので、日本銀行の誘導範囲に収まってはいるようですが、それにしてもマンションオーナーとしては、当面は金利上昇リスクは回避できそうで、ひと安心といったところでしょうか。

しかし一時期は、金利上昇圧力が強まった時期もあったようですが、現在はその逆の金利下落傾向にあるようです。

どうやらその大きな要因は

アメリカの金融政策

にあるようです。

アメリカも2018年ごろまでは、好調な経済のために、段階的に金利を上げてきました。

そこで日本の長期金利もそれに合わせて、上昇圧力がかかるようになります。

アメリカと日本の金利差が拡大していくと、当然のこととして円安ドル高になり、日本経済の主力の輸出企業には恩恵が生じるようになるわけですが、その一方でアメリカ企業にとっては、面白くありません。

そこでその円安をなんとかしろと、アメリカから圧力がかかってくることになるので、アメリカの金利が上昇すると、日本の金利も上昇圧力がかかるようになるのです。

(さらに…)

1月 27, 2019

年末に挨拶に来なかった銀行に問い合わせてみると?


白いコスモス画像

マンションオーナーにとって銀行との付き合いは重要なのだが・・。

年が明け、気になることがありました。

それは毎年の年末には、アパートローンを借りている銀行の担当者がカレンダー等を持ってきて挨拶を、つまりは年末の挨拶での訪問があったのですが昨年は来なかったのです。

いつもは最終営業日が30日なのが、昨年は29日が土曜日で30日が日曜日なので、銀行の最終営業日が28日金曜日で日程的にきつくて来れなかったのかと思っていました。

私のほうも、12月の下旬は忙しかったので、気にはなっていたものの、深刻に考える暇もなかったのですが、年が明けて、いろいろと考える余裕ができるようになると、やけに気になり始めるものです。

しかも年明けになってから来られるのかとも思いましたが来ません。

昨年後半には、ちょっとしたことで銀行との関係がぎくしゃくしていたので年末の挨拶に来なかったのではないとの思いも沸いてきましたが、しかしアパートローン取引がある以上、銀行との付き合いは重要なので、銀行がどう思っているんだろうという疑念が頭から離れなくなってきました。

今のところ金利も比較的に低い金利で借り入れているので、借り換えをするだけのこともありませんし・・。

どうしようかといろいろと思案した結果、銀行に思い切って問い合わせてみようとしました。

(さらに…)

11月 20, 2018

消費税増税によってデフレ圧力 家賃も金利も下げ圧力?


花画像

消費税増税はデフレ圧力をもたらす。

産経新聞の記事に時々ですが、経済評論家の田村秀男さんのコラムが投稿されています。

他にも夕刊フジにも率直な経済記事を投函したり、テレビの経済をテーマにした番組にも出演しているのを、お見かけしたこともあります。

もともとは日本経済新聞に記事などを書いていたようですが、今では日本経済新聞のとりわけ消費税増税をあおるかのような姿勢には痛烈に批評しておられます。

ところで田村秀男さんの経済観というのは、他の経済評論家にはない独特のものがありますが、しかし主張しておられる事柄には、それを裏付ける根拠もあるので、筋は通っているように思われます。

以前テレビ朝日のニュース番組で、テレビ朝日の経済担当の方が見苦しいまでに安倍政権の経済政策を一方的に批評しまくっていましたが、そのためかかえって信用できなくなってしまいましたが・・。

それとは対象的に、田村秀男さんの記事には批評すべきてんは批評していますが、冷静な分析に基づいているのと、大きな視点から見ておられるようなので必ず目を通すようにしています。

ところで2019年の焦点の1つは消費税の増税です。

この消費税増税はアパートマンションオーナーも少なからず影響を受けるでしょう。

(さらに…)

10月 23, 2018

金利が非常に低い住宅金融支援機構 しかしデメリットも!!


 

花画像

住宅金融支援機構から賃貸住宅資金を借りることができる。

先日、大東建託支店の営業担当の方が来られた時に、恥ずかしながら初めて知ったのですが、住宅金融支援機構から賃貸住宅のための資金を借りることができることを知りました。

住宅金融支援機構といえばフラット35といった商品で聞いたことはありましたが、35年固定金利でしかも民間の金融機関よりも、かなり低い金利で借りられるといったことは知っていましたが、個人の住宅ローンのみを対象にしているものと思っていました。

しかも半分民間、半分公的な機関で、弱者救済的な機関といったイメージがありましたので、賃貸住宅とは無縁な機関だと思い込んでいました。

それが大東建託の営業担当の話によると、アパート建設のための資金も住宅金融支援機構から借りることができるというのです。

しかも大東オーナーさんの多くも実際のところ住宅金融支援機構から、お金を借りてアパート経営をやっているというのです。

ところでこの住宅金融支援機構からお金を借りるメリットは何でしょうか。

それはなんといっても

都銀よりも低い金利です。

例えば2018年9月では35年固定金利が、1.5%台になっています。

もちろんそれでも都銀などから変動金利でアパートローンを借りているならば1%台前半や、それ以下の金利で借りている方もおられるかもしれませんが、固定金利になると当然金利は上がります。

(さらに…)

9月 16, 2018

首相の金融緩和出口についての言及の真意とは?


 

花画像

金融緩和の出口についてしばしば囁かれることがある。

大規模な金融緩和が続き、小規模マンションオーナーの私も恩恵を受けてきました。

アパートローンでも変動金利で1~2%の金利で借り入れている方も少なくないのではないでしょうか。

もちろんこのような金融緩和が未来永劫に続くとは、誰しもが思っていません。

いずれは終わり金利が上昇するだろうと考えています。

問題はいつかです。

ところで安部首相が「今後の3年以内に金融緩和の出口の道筋をつけたい」という発言が物議を醸しだしています。

ということは、文字通りにとれば金融緩和が、この数年以内に終わり始めるかもしれないということです。

それが事実ならば、今のうちに変動金利から固定金利の借り入れへの変更を検討する必要があるということなのでしょうか?

このてんについて産経新聞2018年9月14日の「金融緩和の出口戦略策は日銀に託される 拙速なら景気冷や水 市場は実現性を疑問視」という記事には

安倍晋三首相が大規模な金融緩和策を手じまいする「出口戦略」に言及したことで、日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は具体的検討に向けた“ボール”を投げられた形だ。背景には金融機関の収益力悪化といった緩和に伴う副作用が蓄積し、地方銀行の不祥事を誘発するなど問題が顕在化した現状がある。ただ、拙速に踏み出せば円高や株安を招き景気に冷や水を浴びせる恐れがあるため、市場は実現性を疑問視している。引用:金融緩和の出口戦略策は日銀に託される 拙速なら景気冷や水 市場は実現性を疑問視

と報じました。

(さらに…)

8月 25, 2018

日銀による国債買いによる金融緩和 いつまで続く?


花画像

日銀の国債買い入れには限界があるとの意見も?

2018年7月30,31日の日銀の金融政策決定会合は、いつになく注目されていました。

というのも金融政策決定会合の前に朝日新聞が、今回の会合では、金融緩和に多少の修正が検討されると報じたからです。

この報道後に、為替は円高に振れ、国債価格は急落しました。

私もアパートローンを借りている身として、金利動向には関心がありますが、最悪の場合、金融緩和が縮小され、金利が多少上昇するのではと危惧はしていました。

しかし金融政策決定会合の結果は、10年物金利幅を0.1%程度まで拡大するというものでした。

つまりは最大でも0.2%までならば容認するというもので、金融政策決定会合の後、為替はやや円安に振れ、国債価格は大きく上昇しました。

つまりは固定金利は多少上昇するかもしれないものの、変動金利はこれまでと変わらないというものでした。

ところで10年物国債金利を日銀がコントロールするために、日銀は毎年80兆円程度の国債を購入しているといわれています。

結果として市場に出回っている国債の40%程度が日銀保有になっています。(2018年現在)

もしもこのまま日銀が国債買いによって、10年物金利の誘導を行い続けるならば、さらに日銀による国債保有率が上昇することでしょう。

(さらに…)