小規模マンションオーナーの日記


12月 23, 2018

大東ワランティサービス 1月分から料金変更?


花画像

築年数とともに修繕費用も増えていく。

12月の下旬に大東オーナーマイページで、お支払状況照会から12月の下旬に大東建託からオーナーに支払われる金額(2019年1月分)を確認してみますと、先回分よりも減額されています。

えっと思いましたが、何で減額されてしまったのかを調べてみますと、住宅設備機器延長保証ワランティサービスの料金が上がったことによって支払われる金額が減額されたことがわかりました。

ところでこのワランティサービス、大東建託とフルパッケージプランで契約している場合は加入する必要はありませんが、スタンダードプランの場合は任意で加入することができます。

そして加入することによってエアコン、換気扇、浴室乾燥機等、そしてオプションとして給湯器の修繕費用が保証されるという制度です。

そして毎月支払うサービス料金が築年数が経つにつれて上がっていくのです。

具体的には

築6年~築10年 1部屋あたり 864円と給湯器とコンロのオプションが270円

築11年~築15年 1部屋あたり 1620円と給湯器とコンロのオプションが324円(すべて税込み価格)

となっています。

そして毎年の1月1日の建物築年数に基づいて算出されるわけですが、私の物件も今年の夏で築11年になったので、2019年の1月分の大東建託のオーナーへの支払い分から支払い家賃からの相殺ということで支払い分が減ってしまったというわけです。

アパート画像

賃貸最大手の大東建託設計施工管理のアパート。

ところで大東オーナーマイページでお支払状況照会を閲覧したその日に、大東建託パートナーズから手紙が届きました。

「重要」と書かれた手紙ですが、開封してみますと「ワランティーサービス料金変更」のお知らせとなっています。

築11年になった時点で料金が変更になることは知っていましたが、手紙で念のためにお知らせがくることになっているようです。

実際は大東建託パートナーズの物件の担当者が来られて説明してくださるものと思っていましたが、どうやらそうではなく手紙でそのお知らせと説明がなされるということがわかりました。

まあこの手紙の説明で十分なので、わざわざ物件担当者が来られなくてもよいのですが。

それにしても私の所有建物も築11年となり、そろそろ設備故障がでてくる時期になりました。

ワランティサービスが活躍してくれたらいいのですが。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA